70代で日常生活をブログに書くのは若い人たちにとって有益なことかもしれません

昨日は、自民党の「人生100年時代戦略本部」が提言している内容は、すでに民間のシニアの方々が実践されているのではないか、ということを書きました。

私も会員として所属しているASK アクティブシニア交流会さんは、毎月開催されているビジネス研究会で、シニアの方々が取り組めそうなビジネスのネタを探してきて、意見交換をされています。

会員の平均年齢は70代とのことですが、これなんて「人生100年時代戦略本部」の提言の一つ、「定年のない「エイジフリー社会」」を実現されてますよね。

全国には、このように積極的に活動されているシニアのグループがたくさんあるのではないかと思います。

ただインターネットには、このようなシニアの方々の日常生活を垣間見ることのできる情報は、まだまだ少ないように感じます。

シニアの方で、ビジネスを含む日々の活動をブログで発信されている方は、あまりいらっしゃらないのではないでしょうか。

書かれているのはせいぜい60代くらいの方ですかね。

その年代の方が4~50代のときがブログの黎明期でしょうから、今70代の方はやられていないのではないでしょうか。

私はASKさんの会員として、70代の方々がどのような生活や活動をされているか身近で拝見しているので、とても幸運だと思っています。

たぶん今の60代の方々や私のような50代が、7~80代になってブログで日々の仕事や健康のことを発信するようになれば、若い人たちが、シニアになったときの生活をイメージするための参考になるのではないかと思います。

そういう意味では、私の世代が日常生活をブログに書き続けることも、有意義な活動のように思えてきました。

PR:カウンセリング・EAP専用チャット管理者となって利用者を見守るチャット