Chromebookは私が思っていた以上に注目されているのかもしれません

今日、本屋さんに寄って雑誌のコーナーを眺めていたら、Googleサービスのムックの新刊が置いてありました。

数年前までは、このようなパソコン関連のムックといえば、ほとんどWindows OSやWord、ExcelといったMicrosoft製品が並んでいて、一部Mac OSがあるという感じでした。

今はiPhone、Android、LINEのようなスマホ関連の方が多いんじゃないでしょうか。

そんな中、ここ最近はGoogleサービスのムックも増えてきたな、と思って先ほどの新刊を手に取ったんですね。

するとGmailやGoogleドライブ、Googleカレンダーなどのおなじみのサービスに混じって、なんとChromebookの紹介やお勧め機種の紹介ページがあります。

今インターネットで調べてみたのですが、「10倍ラクする! Google仕事術」(standards)という書籍でした。

このようなムックの存在は、それだけ情報を知りたいと思う人がいるということでしょうから、Chromebookもそうなってきたかと思うと、ちょっと感慨深い気持ちになります。

思い返してみれば、GmailもAndroidもChromeブラウザも、ゼロの状態からここまで大きな存在になったんですよね。

PWA(Progressive Web Apps)なんてアプリも普及しそうですし、Linuxもサポートされるようなので、ますますChromebookに魅力を感じる人は増えそうです。

昨日はChromebookの普及にはもう少し時間がかかるかも、と書いてしまいましたが、すでに持っている人や注目している人は多いのかもしれません。

PR:カウンセリング・EAP専用チャット管理者となって利用者を見守るチャット