「楽々談話室」のマニュアルはDrupalのBookモジュールを使ってみます

(2017年12月追記:検討の結果、「楽々談話室」のマニュアルはDrupalではないhttp://mappli.com/danwa/に設置しました。)

そろそろ「楽々談話室」のマニュアルを作って行かないと、と思って、どこにどのように作るか考えていました。

「楽々談話室」の管理画面を設置するmappli.comは、G Suiteが動いています。

Googleサイトが新しくなったということもあり、そこにサブディレクトリを作って置いてみようかと考えました。

しかし、Googleサイトを調べてみると、Googleドライブなどとスムーズに連携する方向に行っているようで、ドキュメントサイトとして操作性をよくして行くのとはちょっと違うかな、思いました。

Drupal6のとき、Bookモジュールを使っていい印象があったので、弊社ホームページのDrupal 7で再度試してみました。

Bookモジュールは、サードパーティー製ではなく、Drupalのコアに含まれているので今後も安心ですね。

Drupalで記事などを書くとき、ArticleやBasic Pageなどのコンテンツタイプを選びますが、マニュアルはブックページを選ぶことになります。

メニューに表示するために、ブックナビゲーションをブロックで有効にすれば、あとは新しいブックページを作るたびに、ブックアウトラインというところでページの階層などを設定するだけです。

前ページ、次ページ、トップページへのページャーも使いやすいですし、Outlineというリンクに目次を表示してくれます。

これを使って作ってみようと思います。

PR:カウンセリング・EAP専用チャット管理者となって利用者を見守るチャット