WindowsだけのPC勉強会でも手間取ったのにスマホ勉強会はさらに大変になりそうです

今日ASK アクティブシニア交流会さんのパソコン勉強会で、受講者の方が「買ったんですよ」と手提げ袋を持って来られました。

何だろうと思って見てみると、見覚えのある惑星の拡大写真のような画像が写った小さな箱が。iPhoneでした。

さきほど買ったとのこと。そりゃすごい。

何でも今持っているiPhone 6はiOS 13に対応していない、というのが理由のよう。

「iOS 13にして何をするというわけでもないんですけどね」とおっしゃいます。

電車の中の人のスマホを見ても、私の知人が持っているスマホを見ても、みんな画面の大きな新型のような印象を受けます。

このような人たちは、OSが新しくなるタイミングでスマホを新しくするのでしょうか。

数日前、たまたま急遽発売されたiPod touchの記事を見て、新しいiOSに対応しているならアプリの動作チェックのために買ってみようかな、と思っていたところでした。

私が持っているiPod touchはiOS 9で、これじゃ動作チェックは厳しいなと感じています。

実は今日、ASKの西村会長とパソコン勉強会の次はスマホも含めた勉強会を考えましょう、とお話していたところです。

パソコン勉強会ではWindows 10を想定して操作手順を説明していたのですが、Windows 7と8の方もいらっしゃるので、その方々には個別対応していました。

これがスマホ勉強会となると、iOSとAndroidの違いもありますが、同じOSでもバージョンの違いも考慮することになります。

次回の勉強会の期間中にAndroid 10 Qというのもリリースされそうですし。

受講者さんの要望と実行可能な内容とをうまくすり合わせないと、収拾がつかなくなりそうですね。

PR:カウンセリング・EAP専用チャット管理者となって利用者を見守るチャット