プロジェクターを使わない小規模なデモはこれからiPadがいいかもしれません

明日はASK アクティブシニア交流会の役員のみなさんに、「楽々談話室」の新機能「出欠アンケート」を説明しに行きます。

短い時間ですし、プロジェクターは使わずに紙の資料で説明します。みなさんはスマホアプリを使ってもらえばいいですし。

ただ他のお話もするので、人数分の紙の資料を含めると荷物が3kgくらいになりそう。重いなーとゲンナリしていたら、そうだiPadを持って行こうと思い付きました。

Chromeで管理画面を動かしながら、iPhoneチャットアプリも動いているところをみなさんに見せられます。

こういうときは、Webアプリとスマホアプリのチャットシステムって便利だなと思います。

外出時間が長くて空いている時間に仕事をするときや、操作しているところをプロジェクターに映したりすることがあれば、ノートパソコンじゃなきゃ厳しいでしょうが、明日はそういうことしませんし。

何よりノートパソコンの半分の重さというのが助かります。

出欠アンケートをとったら、その部分を抽出してCSVファイルでダウンロードできるので、そのデモをするときはiPadはちょっと弱いかなと思いますが、今度出るiPadOSってそこら辺のところが改善されているんですよね。

それにキーボードが必要になったときも、iPadに合体させるいい製品が揃っているようです。

Webアプリとスマホアプリを使ってデモや講師をする機会が多くなれば、これからiPadも選択肢に入りそうです。

そうやって欲しいものが増えて行くんですよね。

PR:カウンセリング・EAP専用チャット管理者となって利用者を見守るチャット