今後は今までの人生でないくらい知恵を出さなければならないと思います

決算が終わったのですが、緊急事態宣言の影響で今季の事業の目途は立っていません。

今日、夏の甲子園大会の中止が決定しましたが、世の中がこのような非常時に私のような極小企業がまともでいられるはずがありません。

ただ、まだ十代とはいえ、人生をかけて甲子園を目指してきた高校球児たちにとって、あまりにも不憫な結果です。

ご家族も全力でサポートされていたと思います。本当に何ともいいようがありません。

インターネットで見たのですが、日本テレビ系の「情報ライブ ミヤネ屋」に出演された梅沢富美男さんが、「自粛自粛で街に人がいない。お店を開けても人が来ない。もうどうにもならない。」と自営業者の思いを代弁していらっしゃったそうです。

最初から暗くなってしまいましたが、嘆いてばかりもいられません。

思い切って、今までとは全く違うことを始めるいい機会ととらえようと思っています。

ワクチンができてみんなに行きわたるのに二年くらいかかるとしたら、それまでは外出の自粛が続くのではないでしょうか。

そうであれば、今までと同じような仕事ができるのは、それ以降になると考えるしかありません。

それにここ数年はプライベートでやることも増えたので、そのことも考慮に入れる必要があります。

なかなか厄介な状況ですが、自営をされている方は私と同じような状況の方も多いと思います。

今までの人生でないくらい知恵を出さなければならないと思いますが、いい機会なのでブログに書いてみました。