「楽々談話室」に少しずつご意見やご感想が聞こえてきています

今日ASK アクティブシニア交流会の西村会長が、用事の帰りにクルマで私の家の近くを通るとのことで、短い時間でしたがお会いしてお話しました。

何でもあるIT関連会社の社長さんと打ち合わせされたそうなのですが、その際弊社のチャットアプリ「楽々談話室」のお話をしていただいたとのこと。

その社長さんは興味を持たれたようで、管理者がユーザー登録などのすべての設定をして、利用者はパスワードを含め決められたことしかできないというのは、とてもプライベートな使い方ができる。家族の連絡用として使えるのではないか、とご提案いただいたようです。

なるほど。ミクロな単位で使えるチャットシステムというのも、今まであったシステムでは難しいかもしれないですね。

このようなご意見はありがたいです。

以前お聞きして同じくなるほどと思ったのは、誹謗中傷をされたことのあるグループの方が、気心の知れた仲間だけで連絡を取り合いたいときに使えそうだというご意見。

しかし一方で、若い人たちはLINEのような魅力的な機能に溢れた流行りのサービスを使いたいと思います。

なので、まずはシニアやITの苦手な方たちの団体に絞って、情報を発信して行こうと思っています。

西村会長には、今度役員の方たちに新しい出欠アンケート機能をご紹介する機会をいただいたので、早速ご意見が聞けそうです。

少しずついろいろなご意見をお聞きできるようになってきたので、これからが楽しみです。

PR:カウンセリング・EAP専用チャット管理者となって利用者を見守るチャット