Google勉強会に続いてパソコン勉強会を開催することも決まりました

今日はGoogle勉強会の最終日。特に決まったテーマはなく、みなさんとの質疑応答に特化した日でした。

実際に始まると、Googleに関する質問は全体の1/3から1/4程度で、残りはパソコンのメンテナンスに関することや、Googleとは関係のないソフトに関することでした。

Googleに関する質問は全体的に少なかったとはいえ、先週お伝えしたリモートデスクトップ接続サービスに関するものもありました。

質問した方には必要としていたサービスだったようで、自宅のパソコンに設定したがうまく行かなかったそうです。持参されたパソコンに一緒に設定しました。

お伝えしてよかったと思いましたし、ASK アクティブシニア交流会さんは、70代の方でもこのような新しい技術に積極的だなと再認識もしました。

一方で、Google以外の質問が多いだろうことは想定していたので、どのような質問が出るのか逆に興味がありました。

一番驚いたのは、「Print Screen」キーでパソコン画面のスクリーンショットを撮る方法をお伝えしたとき。

ASKの役員に大企業のIT関連部署OBの方がいらっしゃるのですが、その方から「知っていると便利でしょうから、みんなにスクリーンショットの撮り方を教えてあげてください」とアドバイスをいただいたのです。

クリップボードの画像をWindowsの「ペイント」で保存するところまでをお伝えしたところ、みなさんいいことを教えてもらったと喜んでいました。

シニアの方に必要とされているのはどのようなことか分かりましたし、シニアの方が知りたいことはシニアの方がご存知だということも、当たり前なのでしょうがよく分かりました。

質疑応答は昼食を挟んで5時間近く続いたのですが、みなさんに取ってこのような場が必要なことが分かりましたので、来月新たにパソコン勉強会を開くことになりました。

私もどのような質問が出るか楽しみです。

PR:カウンセリング・EAP専用チャット管理者となって利用者を見守るチャット