現代の価値観とは全く異なる「求塚」という能の内容に衝撃を受けました

先日、岡野守也著「能と唯識」(青土社)という本を注文したことを書きましたが、昨日その本を読んでいて衝撃を受けたことがあります。

観阿弥に関わる作品といわれている「求塚(もとめづか)」の内容です。あらすじは以下。

「旅の僧に尋ねられて求塚に案内し、塚のいわれを語った女性は菟名日乙女(うないおとめ)の亡霊だった。

彼女は小竹田男(ささだおとこ)と血沼丈夫(ちんのますらお)に求愛され、水鳥を射て当てた方に決めようとするが、どちらの矢も当たる。

悩んだ乙女は水に身を投げる。

彼女の亡骸を埋めた塚で二人の男は刺し違えて死ぬ。

地獄で二人の男に責められ、鳥にもつつかれ、さらに地獄の責め苦が彼女を苦しめる。」

ひどくないですか?

菟名日乙女って勝手に愛されただけですよね。水鳥を殺したのも彼女じゃない。なのになぜ彼女だけが地獄で苦しめられなければならないのか。

観阿弥、世阿弥といえば当時のスターのはず。現代で人気者のシナリオライターや俳優がこんなシナリオを書いたら炎上してしまいそうです。

インターネットでこの作品を調べてみるといろいろな解釈があるようです。

しかし解釈はどうであれ、私が衝撃を受けたのは、この内容が大衆に普通に受け入れられていたという事実。

観阿弥といえば14世紀、室町時代の人。

650年ほど前の人たちは、現代人とはこれほどまでに違う価値観を持っていたんですね。

PR:カウンセリング・EAP専用チャット管理者となって利用者を見守るチャット