CMS

レンタルサーバーにCMSを置く場合の動作環境は今後問題になってきそうです

WordPressなど、よく使われているCMSは、動作環境にPHP言語とMySQLデータベースの組み合わせが多いと思います。

今回のMODXのように、バージョンアップするまでに少し期間が開いてしまった場合、新しいバージョンはレンタルサーバーの動作環境に対応しているのか気になります。

WordPressやJoomla!は、管理画面から簡単にバージョンアップできるので、いつの間にかやってしまっているのですが、本来は動作環境もチェックしてからやった方がいいかもしれません。

動作環境の変化はしょうがないですよね。

PHPにしても、要望や脆弱性に対応したり、同じ言語間の競争もあるでしょうから、今後もバージョンアップを繰り返すのでしょう。それはデータベースもCMSも同じです。

弊社の利用しているレンタルサーバーの動作環境も、今は何とか最新のMODXに対応していますが、そのうちPHPもMySQLも、バージョンを上げる必要に迫られると思います。

行政やある程度の規模の企業など、大量のWEBページを管理し、閲覧者の要望に柔軟に応える必要がある場合は、レンタルサーバーとCMSの組み合わせはこれからも必要でしょう。

競合他社と差別化したWEBページを展開したい企業もそうかもしれません。

久しぶりにWEBサイトのMODXをバージョンアップしました

先月新しいバージョンがリリースされていて、正月休みだったこともあり、WEBサイトのMODXをバージョンアップしました。

正月休みじゃなくても、バージョンアップはしなければなりませんね。

大事なScore MagazineのWEBサイトですし、前のバージョンからちょっと期間が開いてしまったので、別ディレクトリに新規インストールしてみて、WEBフォームなどの動作をチェックしてみました。

メール送信後のサンクスページへの遷移が少しおかしかったのですが、それが修正されていました。

フォーラムを見ると、次のバージョンのやり取りもあり、問題なく開発が進められているようですので、もし脆弱性などが発見されたとしても安心ですね。

そもそもMODXにした理由は、以前にも書きましたが、手打ちで作っていたWEBサイトを移行するためでした。

MODXは、テンプレート(WordPressでいうテーマ)をいくつも作っておいて、それをページごとに変えられるんです。

テンプレートの一部を部品化して、それを組み合わせたりもできます。

HTMLやCSSの手打ちに慣れている人であれば、デザインの自由度が高いCMSだと思います。

PR:カウンセリング・EAP専用チャット管理者となって利用者を見守るチャット