易とユングに関する本とマインドフルネスと唯識に関する本を見つけてしまいました

Wikipediaの「仏教心理学」という項目を見ていたら、河合隼雄さんや秋山さと子さんがユングと禅の関係について日本に紹介した、との一文がありました。

この秋山さと子さんという方はユング派の心理学者。ご実家が曹洞宗のお寺のようで、数多くの本を出版されています。

その中に「占いとユング心理学―偶然の一致はなぜ起こるのか」(ベストセラーズ)という本を発見。

タイトルの「占い」というのは易のことのようです。

何でもユングがシンクロニシティーを理解するために、易に傾倒して行った経緯なども書かれているらしい。

ユングと易がテーマの本は持っていませんし、何より著者が仏教をバックボーンにされている方なのでとても興味があります。

それに易の卦(か)や爻(こう)について、今はいろいろな人の解釈を知りたいところなのです。

そしてさらにWikipediaで「マインドフルネス」を見ていたら、ジョン・カバット・ジンさんが始めたマインドフルネスストレス低減法の基本理念が、道元禅師の曹洞宗とのこと。

本当ですか・・・。

道元さんは唯識を相当学ばれたようですし、仏教心理学者の岡野守也さんが「道元のコスモロジー―『正法眼蔵』の核心」(大法輪閣)という本を書かれていて、いつか読みたいなと思っていたのです。

マインドフルネスと唯識が、道元さんを軸につながっていたんですね。これまた興味があります。

しかも先ほどの秋山さんの本とこの岡野さんの本、どちらもAmazonでは中古品のみのようです。

う~ん、こりゃ今手に入れておかなければ、いつ入手困難になるか分かりません。

どちらもライフワークに関することなので、つい注文してしまいました。