福岡市の西の方

近所のショッピングモールが人気スポットになりすぎるのも困ったものです

福岡市の地下鉄七隈線の終点、橋本駅に隣接して、木の葉モール橋本というショッピングモールがあります。

今日買い物があったので自転車をこいで行ってきたのですが、小さな子供の家族連れでごった返していました。

三連休とはいえ何故こんなに人が。ここは福岡市の外れですよ・・・。

ある旅行サイトに口コミが掲載されていたので拝見すると、確かに休日はとても混んでいるけど便利なので行ってしまう、というようなことが書かれています。

子供向けのイベントや子供が遊べるスペースを目当てに来ている方も多いようです。

隣にあるニトリの駐車場もいっぱいですし、30代くらいの家族連れが休日を過ごすにはとても便利なエリアのようですね。

以前、西南学院大学などがある西新という繁華街に、西新エルモールプラリバという商業施設がありました。

それより前は岩田屋というデパートだったのですが、私はその頃から店内にあったリブロという本屋さんをよく利用していました。

そのプラリバも3年前に閉店。今の時代、大型の商業施設って経営が難しいんだろうなと思っていたのです。

最初は小さな催しや施設が時間をかけて地域を有名にして行くのだと思います

昨日は、テレビで私の家の近所が放送されていたことを書きました。

このブログでたびたび書いていますが、私の住んでいるところは福岡市といっても、周辺部の田舎で何もありません。

市内の人に場所を説明するときは、福岡大学はさすがにほとんどの人が知っているので、福岡大学から4キロほど佐賀方面に行くと福岡歯科大学があり、途中に野芥という地区があって・・・と位置関係を説明します。

私が高校のときだったと思いますが、タモリさんのオールナイトニッポンを聞いていたら、その野芥のリスナーから手紙が来ていて、タモリさんが「野芥!昔は田舎で何にもなかった!」と大声でおっしゃっていました。

多分、そのようなところから手紙が来たことに驚かれていたのだと思います。

ですので、博多華丸・大吉さんとロバートのお三方がよくロケに来たな、と不思議な感じがします。

前々から、この辺りがメディアに取り上げられることがあるとすれば、さらに佐賀方面に向かったところにある飯盛神社の流鏑馬行事くらいじゃないでしょうか。

確かに16世紀の記録にも残っているらしく由緒のある行事らしいです。

とはいえ地下鉄七隈線が十数年前に開通してからは、さすがに少しずつ開けてきたように思います。

また有名なタレントさんが福岡のテレビ番組で近所を紹介していました

昨日夕食時にテレビをつけたら、テレビ西日本の「華丸・大吉のなんしようと?」という番組で私の家の近所が映っていてビックリしました。

福岡歯科大学の近辺で、福岡市民でも早良区に住んでいる人しかピンと来ないかもしれません。

出演者一行は私のよく行くスーパーマーケットの前を通って、四箇田団地から田という地区に抜けて行かれました。

超ローカルな地名ですが、「万十屋(まんじゅうや)」というモツ鍋屋さんや「ブルージャム」というパン屋さんがある場所といえば、結構有名なお店らしいので、福岡市民でもピンと来る方はいらっしゃるかもしれません。

ただ驚いたのは、ゲストがロバートのお三方だったということ。

博多華丸・大吉さんもロバートさんも今や全国的に有名ですよね。

ロバートの馬場さんは料理愛好家としても有名で、最近はいろいろな番組やCMでよく見かけます。

秋山さんも同じようにいろいろな番組で拝見しますが、個人的には「クリエイターズ・ファイル」という多彩なキャラクターになりきる企画が面白いと思います。

私はアメリカン・インディアンに認められた男、「小野幸次郎」というキャラが好きで、頭にこびりついて離れません。

地元の番組が増えたことはタレントさんの増加などが関係しているのかもしれません

私は十数年前から福岡に戻ってきて生活しているのですが、最初の頃、地元のテレビ番組を見ていて面白いなと思っていました。

戻ってきた当初、天神を歩いていると、テレビのクルーの方たちをよく見かけました。

ビデオカメラの至近距離で大きな口を開けている方がいたり、「え~~~っ!」というよく通る女性の声の方向を見たらビデオカメラが撮影していたり。

テレビを見て分かったのですが、その方たちは地元の有名なタレントさんだったんですね。

地元の番組は、以前は深夜がほとんどだったのですが、最近はゴールデンに中央の番組より優先して放送されていたりします。

私が子供の頃は、テレビに出演できるのは特別な人で、それこそ「スター」と呼ばれる芸能人や政治家の方、プロスポーツの選手などでした。

今はお笑い芸人さんやアイドルの方など、すごい数のタレントさんがいらっしゃいますから、その一部の方がテレビに出演される分、昔からいらっしゃるタレントさんたちの出演機会は減るのだと思います。

なので、昨日お話したような福岡の番組も成立するのでしょう。

それに今は、若い人たちはインターネット動画を長時間視聴しているのだとか。

中央のタレントさんが福岡の番組に出演して近所を取材されることもあります

今日夕食を食べながらテレビを見ていると、TBSの番組「ジョブチューン」にタレントのスザンヌさんが出演されていました。

チャンネルを変えると、TVQという福岡のテレビ局の「ちょっと福岡行ってきました!」という番組に、千鳥の大悟さんと平成ノブシコブシの吉村崇さんが出演されていて、私の住んでいる地区を取材されていました。

この番組は、毎回違う中央のタレントさんが福岡県内のクジで引いた地区を取材されるのですが、先々週は剛力彩芽さんが出演されるなど、本当に豪華な顔ぶれなんですね。

当然、福岡在住のタレントさんが福岡各地を紹介する番組は昔からあったのですが、中央のタレントさんが紹介されるのが新しいです。

そういえば博多華丸・大吉さんがナビゲーターを務めて福岡各地を紹介する番組があるのですが、毎回ゲストが中央のタレントさんというパターンもあります。

去年光浦靖子さんがゲストの回で、私の家のすぐ近くのラーメン屋さんに来ていたので、見ていてびっくりしました。

博多華丸・大吉さんご自身が中央でも活躍されているので、この番組が一番豪華といえば豪華かもしれません。

博多華丸さんが番組で仰っていたのですが、お父様の出身小学校が私と同じということもあり、妙に親近感を持っています。

ASKさんと弊社は福岡市の西の方にあります

今までITのお話ばかりでしたので、ちょっと話題を変えて地元の話をしてみたいと思います。

ASKさんと弊社の事務所のある、福岡市の西の方の話です。

この地区は、地下鉄七隈線が開通したり、九州大学が移転したり、オシャレなカフェやサンセットライブで人気の糸島があったりと、今でこそ少しずつ脚光を浴びてきましたが、私が子供の頃は、原っぱと田んぼばかりの田舎でした。

福岡で昔から栄えていたのは、三井三池炭鉱で有名な大牟田(熊本県との県境)を結ぶ西鉄電車沿線や、JR新幹線が通る東の方です。

西の方は、海側に西南学院大学や修猷館高校、山側に福岡大学というように、学校くらいしか有名なところはなかったように思います。

バブルの頃から、今の「福岡ヤフオク!ドーム」より西の海岸側が再開発されて、少しずつ発展していった感じです。

昔は何もなかったと言いましたが、遥か昔、魏志倭人伝まで遡ると、その記述の中で最初に九州に上陸した場所、伊都国がありました。現在の糸島ですね。

地下鉄七隈線の終点から山側にしばらく行くと、国内最古の王墓といわれる有名な吉武高木遺跡があります。祭祀が行われていたらしいとても大きな建物もあったようです。

遥か昔、西の方は都会だったんですね。

PR:カウンセリング・EAP専用チャット管理者となって利用者を見守るチャット