定年を迎えてからの方がスマホやパソコンを活用したくなるのかもしれません

昨日は、株式会社NTTドコモ モバイル社会研究所が今年の初めに発表した資料を見て、60代のスマートフォンとパソコンの両方を持っている人の割合が男性36%、女性37%と、思ったよりも多かったので驚いたということを書きました。

この方たちは、パソコンをどのような用途に使われているのでしょうか。

写真を加工されたり、囲碁・将棋のようなゲームをされている方もいらっしゃると思いますが、やっぱり基本的にはWordやExcelやPowerPointを使われているような気がします。

私が社会人になった頃のことを思い出してみると、20代中頃にはNEC PC-9801でワープロの一太郎を使っていました。

当時ハードディスクはまだ高価だったので、一太郎のプログラムと保存用の二枚のフロッピーディスクがカチャカチャ音を立てて動いていたのを記憶しています。

MicrosoftのWordやExcelを使うようになったのは、それよりもずいぶんあとです。

私は50代ですので、今の60代の方がWordやExcelを業務で使用するようになったのは、40歳くらいからじゃないかと思います。

そういう意味で、最初に挙げた数字の割合を見て、積極的に活用されている方が多いなと感じたんですね。

60代の方がスマホとパソコン両方を所有している割合の高さに驚きました

以前株式会社ビデオリサーチが発表した、シニア層の携帯電話所有率の調査結果ことを書きました。

調査は2017年に実施されたもので、60代後半のスマートフォンユーザーとガラケーユーザーの比率が逆転したことがトピックになっていました。

そのときは、団塊の世代の人たちがこの世代に入ってきているのも理由の一つかな、と思ったものです。

今日インターネットを見ていると、株式会社NTTドコモ モバイル社会研究所という機関が、シニアのデバイス所有状況という調査結果を発表していました。

こちらは2018年1月の調査で、60代のスマホユーザーがガラケーユーザーを初めて上回ったことが書かれていました。

こちらは携帯電話だけではなく、パソコンの所有率も調査されています。

私が驚いたのは、スマホとパソコンの両方を所有する人が60代男性で36%、同じく女性で37%もいたこと。

どちらも三年前の調査から倍増していますので、60代の半数の方がスマホとパソコンの両方を所有する時代もそろそろやって来そうです。

管理画面を含むスマホアプリというのは初めての経験なので改良して行きたいと思います

安心対話室」と「サポート相談室」の管理画面の動作を少し改良していました。

どちらのアプリもカウンセリングに特化したチャットアプリで、カウンセリングを受ける方はスマートフォンアプリを使いますが、カウンセラーはPCのアプリを使って対応します。

WEBブラウザのチャットアプリを使って利用者とチャットを行い、WEBブラウザの管理画面から利用者のスマホにプッシュ通知などを行うわけです。

「サポート相談室」の方は企業の保健室(相談室)での利用を想定しているため、利用率を上げるために匿名でチャットをするという特色があります。

そのため、「安心対話室」はカウンセラーが管理画面で直接ユーザー登録をするのに対して、「サポート相談室」は発売元の株式会社cocotamaさんがニックネームで利用者のユーザー登録を行います。

そのような違いはありますが、どちらのアプリもカウンセラーがPCの管理画面で、利用者のチャットに表示される名前(ニックネーム)やパスワードなどを変更することができます。

生活する環境によって移動についての意識はかなり変わるように思います

東京から福岡に戻ってきて感じたのは、クルマで移動する人が多いことです。身近な人たちを見ていてそう思いました。

もちろん、福岡に比べて東京の公共交通機関はものすごく発達しています。

都内であれば、ちょっと歩けば電車や地下鉄の駅があるようなイメージです。

福岡では、市内でもバス停の停留所までかなり歩かなければならない地域も多いとは思います。

クルマを使わざるを得ない状況は、福岡の方が断然多いでしょう。

しかし自宅から駅までそんなに遠くない人が、クルマで通勤している例も多いように感じます。

驚いたことの一つは、親が近所のダイソーのようなディスカウントストアに行くときも、クルマを使っていたこと。

買ってきたものを見ると、ガソリン代の方が高いんじゃないの?というような感じなのです。

福岡に帰ってきてしばらくの間、ある会社で働いていたのですが、クルマ通勤していた同僚がある日事故でクルマが使えなくなり、公共交通機関で通勤することになりました。

公共交通機関を使って普通に通勤できるところに住んでいたようです。

ところがしばらくして、またクルマ通勤に戻りました。

鉄道を中心として人の流れが変わることに改めて驚きました

今日天神に用事があって、夕方の5時近くに地下鉄七隈線に乗りました。

Tabletでアプリのテストなどに集中していて、福大前駅で「学生さんがいっぱい乗ってきたな」くらいは感じていたのですが、天神直前で社内がとても混んでいるのに気がつきました。

終点の天神南駅で降りて改札に向かうとき、エレベーターも階段も人で溢れています。

ほとんどが大学生や専門学校生のように見えます。

学校が終わる時間になると、毎日こんなに混んでいるのかと驚きました。

彼らは、西鉄大牟田線や地下鉄空港線を経由して帰路に着くのだろうと思います。

普通に考えると、自宅のある郊外から学校のある都心に通学するわけで、私の住んでいるところが郊外の外れなので不思議な感覚だったんですね。

東京の大学は教養課程のキャンパスが郊外にあったりして、最初の二年間は都心から電車で郊外に通うようなイメージがあるのですが、そんな感じです。

もともと七隈線は大きな大学を経由するように走っているので、当たり前ではあるのですが。

いつも思うのですが、私がよく利用する地下鉄野芥駅は帰社時間になると降りる人が多いです。

この駅は国道が交差しているので、バスに乗り換える人が多いのでしょう。

今日は朝から体調が悪く高齢者の気持ちが少し理解できる気がしました

ここ数日は気温の変化が激しかったので、高齢者は体温の調節がうまくいかず体調が心配と書きましたが、今朝起きたら私自身の体調が優れませんでした。

気分が悪くてしばらく起きられず、朝食も食べたくありません。

この状態がお昼近くまで続きました。

昨日は肌寒い程度だったのですが、今日の最高気温は15度とのことで、外に出るとしっかり寒かったです。

老化で免疫力が低下したのか先月から引いた風邪が治らない、とブログに書いたのが今月上旬。

やっと昨日、風邪薬を飲むのをやめた翌日にこれです。

体調に加え、プライベートで少し困ったことがあって気に病んでいたのも影響したのかもしれませんが、やっぱり老化の影響もあるのでしょう。

私の親が、「年を取ったら冬寒いのが辛い」といっているのが今まで実感できなかったのですが、もし今朝の私のような体調がそうなのであれば確かに辛いと思います。

パニック障害やウツのような心の病も、実際に自分がそうなってみると、同じ症状の人の辛さが分かります。

一方で、苦痛の伴う病気や治療で自分が体験したことのないものは、苦しんでいるご本人を前にして、どう声をかけていいか分かりません。

ここ数日気温の変化が激しいですが、それでも福岡は過ごしやすい方だと思います

今日は朝から強い雨風で、外は肌寒かったです。

最高気温22度ということなので、そんなに低くはないですが、ここ数日とても暑い日が続いたので寒く感じたのだと思います。

三日前など福岡の飯塚市や太宰府市で30度を記録しています。

明日はさらに下がって最高気温予想は18度。

私の両親のような高齢者は、体温の調節がうまくいかず体調が心配です。

今はエアコンの家庭が多いでしょうが、一昔前は石油ストーブと扇風機を出したり片付けたりでせわしない時期でした。

それでも気温に関しては、九州北部は年間を通して過ごしやすい地域だと思っています。

東京で働いていた頃の上司は、若い頃は北海道の支社で営業をしていたらしいのですが、冬はとんでもない寒さだといっていました。

寒いのが苦手な私は、網走を回っているときはすごく寒かったという話を聞いて、ちょっと恐ろしかった記憶があります。

一方で、夏はヒートアイランド現象が顕著な東京の方が、福岡より暑いように思います。

よくニュースになる埼玉県の熊谷もその影響ではないでしょうか。

関東の人は、福岡は九州だから暑いと思っているようですが、暑さの質がちょっと違うのです。

友達が使っていないアプリを進んで使う人はオタクなのでしょうか

考えてみると、シニアの方やパソコンがあまり詳しくない方のパソコンは、日本のメーカーのそれなりに高価なものが多いように感じます。

当然Microsoft Officeがプリインストールされていますし、「操作が分からないときはメーカーの人に聞く」とおっしゃっているので、そのようなサービスも込みのパソコンなのでしょう。

それに書店に行けばWordやExcelの解説書はたくさんありますし、パソコンを持っている知人に聞けばWordやExcelならば分かるという方も多いのではないでしょうか。

一方でGoogleのような無料サービスは、使ってみて分からなければググって(Googleで検索して)自力で解決するという文化です。

解説書についても、Googleのサービスは機能がいつの間にか追加されていたり、いつの間にか廃止されていたりして、買ってもしょうがないという気がします。

同じことはスマートフォンにもいえるかもしれません。

メーラーはスマホにプリインストールされているメーカー専用のものを使っている方は多いですし、みんなが使っているからという理由でアプリを使うことが多いのではないでしょうか。

ほとんどの方のパソコンやスマホの接し方は、このような感じかなと思えてきました。

パソコンに不慣れな方はログインしてソフトを使うことに戸惑われているようです

以前、Googleのサービスを利用したホームページを作った知人の会社の方から、別のアカウントでログインしてしまったために、元のサービスを利用できなくなったと相談を受けました。

その方はあまりパソコンに詳しくはありませんし、初めてパソコンに触れたのがWordやExcelだったのでしょうから、Googleのサービスにはなかなか慣れないのだと思います。同じような方を何人も知っています。

納品する際、Chromeブラウザでログインして操作をご説明していたのですが、その後使い慣れているInternet Explorerに変えられたようで、キャッシュにパスワードが保存されておらず「別のアカウントを使用」からログインしなければなりません。

その方はメーラーもOutlookを使われているので、Googleのサービスで勝手が違う画面が表示されたとき、どのようにすればいいか分からなくなるのですね。

そもそもWordやExcelは、DOCファイルやXLSファイルをダブルクリックすれば勝手にソフトが起動して編集できていたのに、GoogleのサービスはWEBブラウザにアクセスしてログインしなければならない、という考え方からして混乱されているようです。

元気に活躍されるシニアの情報にプレッシャーを感じる方もいらっしゃるかもしれません

最近、メディアは人生100年時代の到来で年金はどうなる、働き方はどうなる、という情報で溢れています。

私の記憶では、バブルが崩壊して10年経った頃でも、終身雇用、年功序列の仕組みは色濃く残っていたように感じます。

年金がもらえないかもしれないなんて、真剣に捉えている人はそんなにいなかったのではないでしょうか。

今は若い人向けの情報も、会社の平均寿命は人間の寿命よりずっと短いので、転職を経験するのは当たり前、というような内容のものも見受けられます。

若い人たちはそのような心構えで社会人人生を送って行くのでしょうが、私の年代は一生ひとつの会社で勤め上げるという意識で就職する人がほとんどだったでしょうから、定年を意識する年になっていきなり「人生100年。退職後の30年、40年をどう過ごす?」なんていわれても困ってしまいます。

30代で独立した私でも、「そんなことをいわれても」と思っているくらいですから。

そんな風潮を反映してかどうか分かりませんが、ここ数年、メディアで元気に活躍するシニアの情報が増えたように思います。

以前には80歳でエベレストに登頂した三浦雄一郎さんや、最近では82歳のiOSプログラマー若宮正子さんなど。

PR:カウンセリング・EAP専用チャット管理者となって利用者を見守るチャット