日常生活にあまり影響がなければ生活を改めようとしないのかもしれません

数年前からですが、たまに腰痛で悩まされるようになりました。

今年のお正月も腰痛になったのですが、そのときはあまりに痛くて一日中寝ていました。

40年以上もの間、猫背でだらしない格好で長時間椅子に座っていてもなんともなかったので、一生腰痛とは無縁だと高を括っていました。

最近は腰に負担をかけない座り方をしたり、たまに立ち上がって歩いたり腰を伸ばしたりするようにしています。

しかし酷い腰痛は半年に一度あるかないかなので、そこまで生活に大きな影響を受けてはいないと感じています。

これが常態化したら椅子を買い換えたり、サプリメントを飲んだりするようになるのかもしれません。

それに比べて人生観が変わってしまったのは、昨年自転車に乗っていて顔面から落ちて、救急車で運ばれたときです。

手術のために入院したのは大学病院の整形外科病棟でした。

一週間程度で退院できたので、自分の怪我はそこまで酷くはありませんでしたが、同室の方たちはみなさん重症で、何ヶ月も入院されていました。

救急病棟と手術で入院していた病棟のどちらにも、バイクに乗っていて追突された方が同室にいらっしゃいました。

年をとってからの病気や怪我の影響は大きいと思います

私の身内で高齢になってから高血圧になった人がいます。

若いときは血圧が低かったそうですが、昔から梅干や佃煮のような塩辛いものが好きでしたので、そのうち高血圧になっても仕方のない食生活だったのだと思います。

寒い時期や季節の変わり目などに血圧が上がると、とても体がきついそうで、そうなると寝込むしかなくなり食事もしたくなくなるそうです。

今年の夏は特に暑く、ここ数日急に涼しくなったものですから、体がそれに対応できないようでとても苦しそうにしていました。

60代、70代はなんともなかったということなので、血圧が高い状態に体が慣れていないのだと思います。

私の同級生で、30代から血圧の薬を飲んでいる人は何人かいますが、多分若い頃から血圧が高めだった人は、少し上がったとしても寝込んだりはしないのではないでしょうか。

そういう人に限って、酒やタバコを気にしていないような・・・。

このブログでたまに書いていますが、私は子供の頃から神経症でしたので、心の悩み以外でも、そこから来るアレルギー性鼻炎などには苦しんできました。

このように長い間付き合っている症状は、慣れていて経験が豊富な分、気候や体調などによる体の変化もある程度予想できます。

自分の得意なことと同時に価値観についても考えたいと思います

昨日の価値観の話は結構重要だと思っていて、例えばサッカーの日本代表に、実力も一流で日頃から活躍しているのに、監督の戦術に合わないということで選ばれない選手がいるようですね。私はサッカーには詳しくありませんが、スポーツ解説でたまに見ます。

これなんて、誰もが認めるストロングポイントを持っていても、受け入れる側がそれを必要としていなかったということですよね。

でもそんなことは予測できないこともあります。今の監督が急に解任されて、後任の監督は自分と価値観が違っていた、みたいなことです。

このようなことを考えてみると、最初に挙げた本の「社長は会社を大きくするな!」に戻るんですが、自分の強みを見つけてそれを伸ばす努力は必要ですが、それを発揮する場所も同時によく考えておく。考えたとしてもそれが受け入れられなかったときは、一人でも活動できる方法も考えておく、という流れは大事かなと思います。

これは最近かなり意識していることで、そのためには好きなことや得意なことだけではなくて、自分の価値観も把握しておいた方がいいと感じています。

人と一緒にやって行くためにはその人の価値観を理解する必要があるようです

国もメンタルヘルスケアに力を入れていますし、若い人からも、人間関係が苦しければそこを飛び出して生きて行くための提案が盛んになっていると思います。

自分でできることを見つけてそれを活かそう、という話になると思いますが、人と一緒に何かをやるときは、相手の価値観を知っていないとうまく行かないことがあるのではないでしょうか。

以前、「達成する力」という本のことを書きましたが、そこには人が持っている価値観は38種類あり、それぞれに違うということが書かれていました。

例として、筆者やその知人の方がどれを持っているかが挙げられていたのですが、確かに自分とはまったく違いました。

私が会社員だったときは、社内の人それぞれの価値感は違っていたとは思いますが、会社の売り上げ目標を達成するという点は一致していましたので、それを基準に判断すれば、あまり問題は起きなかったように思います。

同僚と意見が違うときも、売り上げ目標という基準を元に、上司が調整してくれました。

しかし独立してから感じたのは、どうもそのような分かりやすい目的だけで人は動いていなさそうだということでした。

売り上げ目標を重視するのは、ある程度大きな会社ですから。

苦しい人間関係から脱出して新たな生き方をしようという提案が増えているようです

株式会社cocotamaさんとメンタルヘルスケアのアプリを作り始めて、厚生労働省のWEBサイトなどを見るようになりました。

今は人間関係を始めとする、ストレスの問題を抱えている職場が多いようですね。

会社がうまく行っていないときの人間関係の悪化は、昨日お話した相殺できるような楽しみも少ない分、自然に解消するのはなかなか難しいだろうと思います。

じゃあどうすればいいんだということになると、私はそれに応えるだけの知識は持ち合わせていないのですが、昨日あげた「社長は会社を大きくするな!」という本のタイトルにとても希望を感じたんですね。

著者は税理士の方のようですが、専門家が組織についてこのように大胆な提案をされていたのが新鮮でした。

東北の震災以降のような気がするんですが、戦後に敷かれた人生のレールのようなものに対して、そんなものはないんだよというような主張が増えたように思います。

堀江貴文さんのような方が自由な生き方を提唱されていますが、そのような本が目立ってきたのも、この頃あたりではないでしょうか。

インターネットでもそのような生き方、例えばブログで収益を上げて生活しよう、というようなことも盛んにいわれるようになりました。

自分で決められる状態にいることがストレスを溜めないために必要だと思います

何年か前、山本憲明著「社長は会社を大きくするな!」(ダイヤモンド社)という本を読みました。

この本が出版された2012年当時も、かつて日本経済を引っ張ってきた巨大企業が赤字に苦しみ、人員削減を強化していた頃です。

私も当時は、自分の性格や人間関係や今後やって行きたい仕事のことなどで、いろいろと悩んでいる時期でした。

社員が一人であれば、人間関係はその人との関係だけでいいが、社員が二人になると、社長と社員以外に社員どうしの関係が発生する。

そうやって、一人増えるごとに関係が複雑化して行くという解説に、確かにそうだなと納得した記憶があります。

本の最後には、「自分の人生に常に主導権を持つ立場」を確保することで楽しく生きよう、と主張されいる部分にとても共感しました。

そういう意味で、人間関係に悩みたくなければ社長一人の会社とか、社員一人の会社が一番いいということになります。

とはいうものの、職種によってそれができる会社もあるでしょうが、ほとんどの会社にとってはなかなか難しいと思います。

私が会社員だったときも、当たり前のことですが、人間関係で困ったこともありました。

いろいろなことにお手本のなくなった今の時代に学生生活を送りたかった気もします

不況になってから生まれた人は、バブルが崩壊するまでの右肩上がりの経済成長を知らないんですね。

私の世代は、今後そのような経済成長はもうないと頭で理解していても、行動が伴わない感覚の人はけっこういると思います。

子供の頃に、経済成長の世の中が世界のすべてだったのですから、そうじゃない世の中を体験として知りません。

何をするにしても右肩上がりの経済成長の影響が反映されていたはずです。

住まいも、食事も、学校生活も、娯楽も・・・。

昨日、根性で何とかなるのはゴールが分かっているからと書きましたが、今あげた例にもレールのようなものが敷かれていたと思います。

今の若い人はクルマを買わないといわれていますが、お金がないときはお金を使わないのが当たり前で、健全なことだと思います。

私が大学生のとき夏休みなどで帰省すると、地元の同級生はクルマを持っていました。

お金がない学生もローンで買っていたんだと思います。

私も楽器やパソコンをローンで買っていたので分かるのですが、仕事はいくらでもあるので、借金が返せないなんて考えもしませんでした。

時代が変化したことに対応したつもりでも潜在意識までは対応できないと思います

東芝の半導体事業の売却先が決まったようですね。

数年前までは、このような大企業の経営が苦しくなるなんて考えられませんでした。

小さな会社をやっていると、大きな会社の社員の方々の優秀さは本当に理解しているつもりですが、それでも今の経済状態や不運が重なると、このような結果になってしまう時代なんですね。

私には、大きな会社の経営の大変さは想像すらできないのですが、年齢だけは役員の方々とあまり変わらないように思いますので、育ってきた時代の感覚だけは共有できると思います。

私が生まれたときは高度経済成長時代でしたし、就職したときもバブルははじけていませんでした。

企業はものを作れば売れていました。

私が子供の頃は、テレビの青春ドラマやアニメはスポーツものが多かったです。

どんなに劣勢で苦しくても根性で頑張れば何とかなる。

根性で何とかなるのはゴールが分かっているからです。今のように、正解は自分で見つけなければならない時代ではありません。

生活の基盤である経済は右肩上がりの成長を続けている。

オイルショックなどで経済が一時的に停滞しても、長い目で見れば右肩上がりという事実は揺るがない・・・。

普通に生活している限り収まるところに収まるのだと思います

この方たちは、価値観にしろ会話にしろ全然違うと感じることもありました。

そのような世界を目の当たりにすると、ああ、人というのは自分の資質を活かして仕事をしているな、というか、必然的に自分の資質に合う仕事にたどり着くんだな、という印象を持ちました。

私が以前勤めていた会社には、学生アルバイトからそのまま就職したのですが、自分が採用されたのは技術者としてなのでちょっと特殊です。他の社員は普通に面接を受けて入ってきていました。

ですので、新入社員が話しているのを聞いていると、本当はあの部署に配属されたかった、などといっていました。

つまり大きな会社は、最初は自分の希望や資質とはあまり関係なく、さまざまな部署に配属されて行くんですね。

補足しますが、いくら希望した部署ではないといっても、業種は家電やエンターテインメント系という大きなくくりがありますから、希望した業界の仕事ではあるわけです。

そういう光景を当たり前のように見ていたものですから、独立してからまったく違う世界の業者さんを見ていると、自分は世間を見る目が狭かったなとつくづく感じたものでした。

独立してからは会社員のままでいたら会えないような職業の方に会ってきました

このような分不相応なことに対応できないのは、お金に限らず生活のさまざまな場面にいえることです。

昨日挙げた本のタイトルがとても印象的だったので、つい考え込んでしまいました。

生活のさまざまな場面となるとあまりに範囲が広いので、仕事に限っていうと、私がゲーム開発会社の社員だったころ、担当したタイトルがヒットして社長表彰を受けたことがありました。

これなんて、たまたま担当者だっただけであって、自分の実力とは関係ないのですが、当時は20代でしたし、チヤホヤされるので若干勘違いしていたところもあります。

しばらくして少しは自信を持って独立したのですが、やがて自分に実力なんてないことが分かって愕然とすることになります。

独立して何年かは、独立前にお付き合いのあった会社のお仕事をいただいていたのですが、その後は本当にいろいろなお仕事をしてきました。

独立前は大きな会社の社員でしたので、ソフトのマスターがアップしたあとは、自らプレスのために系列会社の工場に納品に行くんですね。

それと並行して、宣伝部隊や営業部隊が売るために動いてくれます。

部署ごとにやっていることは全然違いますが、自社製品を売るという目的は共通ですから、その意味ではやっている仕事内容は理解できます。