易者さんになる人はすごいなと思ってしまいます

易経には、いろいろなシチュエーションにおける人間関係のことが書かれていて、その一つ一つのエピソードを卦(か)と呼び、全部で64卦あることをお伝えしました。

そして、一つの卦は陰(--)か陽(-)の横棒六本で表現し、その横棒のことを爻(こう)と呼びます。

爻は実世界の人の身分を表していて、一番下は一番低い身分の人で、上に行くほど身分が高くなります。

以前、ソポクレスのギリシア悲劇全七篇の各篇を一つの卦に、登場人物六人を各爻に当てはめて解説した、氷見野良三著「易経入門 孔子がギリシア悲劇を読んだら」(文春新書)という本をご紹介しました。

これから分かるように、六本の爻の内容は卦ごとにそれぞれ違うので、64卦×6爻=384種類の爻があることになります。

私は易経を読み始めてまだ間もないので、正確なことは分かりませんが、易者さんは解説書も見ずに細長い棒の束で、ジャラジャラと占っていらっしゃいます。

当たり前なんでしょうが、64の卦と384の爻を覚えて自分なりの解釈をされているんですよね。スゴイ。

ある易の先生が、ブログで「易の世界は奥深く、一生かかっても学びきれないでしょう」と書いていらっしゃったので、さもありなんと思ってしまいます。

易の考え方は日常生活に役に立つようです

以前、易経の解説書を買ったことを書きましたが、あれから少しずつ読み進めています。

最近ちょっとイラッとしたできごとがあったのですが、以前と比べて気にならなくなったような気がします。

これも易経を読んでいたおかげだと思います・・・なんてことを書いてみたいのですが、そのできごとは大してイラッっとするようなことでもなかったのでしょう。

しかしその際、易経ならばここで怒るのは小人ということなんだろうな、と考えたのは確かです。

易経には、いろいろなシチュエーションにおける人間関係のことが書かれていて、ちゃんとした人や心の狭い人などが次々に登場します。

自分は後者の部類に入るのでしょうが、そのような人たちの例を読んでいくと、何が起こっても「よくあることだ」という気分になるのかもしれません。

易者さんといえば、細長い棒の束を持って、「当たるも八卦、当たらぬも八卦」といいながら占うイメージがあります。

占った結果、64種類の卦(か)とよばれるもののうち、いずれかの結果が出ます。

卦というのは、先ほどあげたシチュエーションのワンエピソードです。

易経には64種類のエピソードが書かれているんですね。

昨日64番目まで一通り読み終わりました。

音楽を聴くスタイルは自分の意志では変えられないと思います

一昨日お話ししたように、私と同年代で中学、高校の頃に大好きだった洋楽を今でも聴いている人は大勢います。

大学の頃に所属していたクラシック同好会の同級生は、小学生からクラシックを愛好していたようですし、今でもみんな好きだと思います。

学生のとき好きだった音楽のジャンルは、何十年経っても好きだという人の方が大多数ではないでしょうか。

一方で、このお話のきっかけとなった私の同級生のように、一組のグループや一人のアーティストを愛し続ける人は、それほど多くはないようにも思います。

音楽への接し方はその人の自由ですし、どのスタイルがいい悪いといっているわけではありません。

とはいえ、私は学生のとき好きだったジャンルは今ではほとんど聴かず、相変わらず浅く広くつまみ食いのような聴き方をしています。

これには自分でも普通ではないと少し呆れています。

そんな中、糸井重里さんの文章を読んだことをきっかけに、ビートルズ一筋だった同級生のことを思い出して、当時も「すごいな」と感心していたことを思い出したんですね。

それと同時に、彼はある教科を熱心に勉強していて自信を持っていたこと、それを私は「すごいな」と感心していたことも思い出したんです。

一つのことに集中できるのは持って生まれた資質なのかもしれません

昨日は、ほぼ日刊イトイ新聞に糸井重里さんがビートルズについて書かれた文章から、私にもビートルズが大好きだった同級生がいたことを思い出した、というお話をしました。

私はビートルズ一筋の彼とは正反対で、いろいろなアーティストの曲をつまみ食いして行くスタイルでした。

それは成人しても変わらず、クラシックやジャズやワールドミュージックなどを浅く広く聴いてきて、今は主に古楽を聴いています。

今思うと、この嗜好は生活全般に当てはまるように思います。

実は糸井さんのその文章を読んだとき、昔のあるできごとが私の中でつながりました。

受験のとき、私は参考書一つ取ってみても、あの参考書が評判いいだの、この参考書で誰々が合格しただのと耳にしては、あっちフラフラこっちフラフラしていました。

もともと成績はよくなかったのですが、そんなやり方をしていたものですから、案の定受験に失敗しました。

このことがあってから、自分の優柔不断な性格はダメだ、なおさなければと反省し、何事も一つのことに集中するように意識してきました。

それから30年以上経ちますが、いまだになおりません。

私もビートルズ一筋で聴き込んでいた人を知っています

糸井重里さんが、ほぼ日刊イトイ新聞の「今日のダーリン」で、「ビートルズナイト」という催しのことを書かれていました。

ビートルズのコピーバンド「パロッツ」がすばらしかった、というお話の中で「ビートルズは、聴きこんでいる人も多いから、さまざまな曲の細かい部分について、あそこがいいだの、ここがいいなんてことを、みんな実によく知っているし語りたがる。そういう人たちが聴いているところで、おなじみ過ぎるくらいの曲を演奏するというのは、とんでもなくむつかしいことだ。」とおっしゃっていました。

それを読んで、私はビートルズが大好きな同級生を思い出しました。

お互い中学に入ってから洋楽を聴き始めたのですが、彼はビートルズにのめり込んでいて、一緒にレコード店に行くとビートルズばかり買っていました。

正規版はほとんど持っていたはずで、ビートルズじゃないレコードを買いに行ったつもりでも、やっぱりビートルズの海賊版を買っていました。

私はといえば、ビートルズは最初に「イエスタディ」が大好きになったのですが、サイモンとガーファンクルの「スカボロー・フェア」やらクイーンの「キラー・クイーン」やら、洋楽を聴き始めたら次から次にすばらしい曲が見つかるものですから、さまざまなアーティストを片っ端から聴くようになりました。

定年後に芸術家を目指す方が増えてくるかもしれません

昨日挙げた例は才能あるアーティストの方々ですが、一般の方でも例えば職人さんなどは、職種によっては修行期間が十年、二十年というのはよく聞く話です。

そうなると、中年になってからやっと一人前のような世界ですよね。

人生100年が当たり前の時代になると、このように息の長い職業に就かれる方が増えるような気がします。

しかし、サラリーマンのように60歳で定年を迎えた人にとっては、ここまでのお話は関係のない世界だったかもしれません。

インターネットなどで「第二の人生に備える」と題して、定年後の人生を40代、50代のうちに考えておきましょう、というような記事を見かけるようになりました。

会社員の頃から休日に副業で経験を積み、定年後は会社員の頃からやりたかった自営業を勧める記事も見かけます。

それでは若い頃にクリエイティブな職業に憧れて、いろいろな事情であきらめざるを得なかった方はどうなのでしょう。

このような方は結構いらっしゃるのではないでしょうか。

定年後にそれを目指すのはまったくの夢物語なのか、といえばそうでもないように思います。

音楽家や作家などジャンルによっては一生を通して活躍される方もいます

アスリートのように記録や勝負の世界で生きている人は、普通に考えると、サラリーマンのような一般的な職業と比べて現役の期間は短いと思います。

このような厳しい世界の第一線で活躍すればするほど、その競技一色の生活になるでしょうから、引退したあとに選べる職業の幅は、一般的な職業と比べて狭いと思います。

そんな方は十分な実績をお持ちでしょうから、解説者や指導者として活躍されるのだと思いますが、全く違うジャンルの仕事をしたいということであれば、それこそ一からの挑戦、つまり子供の頃からの人生を生きなおすようなことになるのでしょう。

若手のクラシック演奏家の方がテレビでおっしゃっていたことなのですが、子供の頃から練習ばかりで、アルバイトや恋愛など普通の若者がするようなことを経験したことがないというのが印象的でした。

しかし、クラシック音楽の演奏家は年をとっても活躍されている方が多い印象があります。

演奏する行為は、脳と指を連動させるので、とてもいい頭の体操になるという話を聞いたことがあります。

無理のない自然な姿勢で演奏できるピアノなどは、80代、90代のプロの演奏家がいらっしゃいます。

指揮者もそうですね。朝比奈隆さんも90代で指揮をされていました。

人生100年の時代に何種類かの人生を歩まれる方も増えそうです

ASK アクティブシニア交流会さんの今月の交流会のテーマは、「人生90年時代へ 時代に合った社会の仕組みに変える」だそうです。

「福岡市における高齢者の現状と市の対応政策」について、福岡市保健福祉局の方が講演をされるようです。

以前も書きましたが、「LIFE SHIFT 100年時代の人生戦略」という本が話題になっているように、このようなテーマの記事や講演が増えていると感じます。

つい数年前までは、60歳の定年を迎えたら老後というイメージがあったのですが、人生100年ということになれば、定年を機に新しい人生を始められる方も多そうです。

お金や健康に余裕があって、やりたいことがある人にとっては、楽しみなことなのかもしれません。

しかしこれはサラリーマンの話であって、アスリートの方は競技によっては20代で引退される方もいらっしゃいます。

そのような方はさらに多くの人生、三種類以上のまったく違った人生を歩まれる方も、出てくるかもしれません。

今年の5月に宮里藍さんが31歳で引退を発表されました。

アスリートといっても、ゴルフの場合はシニアツアーもあるくらいですから、私はてっきり年を取っても無理をしなければできるスポーツだと思っていました。

長い年月をかけて影響を受けるものもあります

人間は忘れる動物らしいので、痛みや苦しみを受けてもそれが恒常的なものでなければ、それを忘れて元の生活に戻ってしまうようです。

先日お話した腰痛や一週間程度の入院のようなことです。

ところが自分の経験ではなくても、あまりに酷い怪我などを見聞きしてしまうと、それに影響を受けて生活が変わることもあるようです。

今思ったのですが、これはPTSDやトラウマといわれているものの軽い症状のような気もします。

これも先日お話した、入院中に聞いた同室の方のバイク事故のようなことです。

そして、それらとは違う第三のパターンもあるのかなと思っています。

ここ数年、健康のために乳酸菌やビフィズス菌を毎日取るようになりました。

この年になると、知っている方が手術をされたり亡くなられたりする話をたまに聞くようになります。

胃腸の病気がとても多いです。

身内の入院に付き添って、先生から症状についての説明を一緒に聞いたりもしました。

自分の入院も含めて病棟に何度も出入りしていると、健康のありがたさが身に沁みます。

人の怪我の話を聞いただけでも人生観が変わることがあります

昨日のバイク事故にあった方々の続きですが、気がついたら病院のベットにいたということでした。どちらももらい事故だったようです。

それまでは、自分は安全運転だし注意を怠らないので事故に会うはずはない、と確信していたのですが、この方たちのような場面に遭遇したら、いくら注意していても避けられないと思いました。

そういえば思い出したのですが、昔渋滞にはまったことがあって、前がまったく動かないのでバイクにまたがってボーっとしていたら、後ろから追突されたことがありました。

渋滞でみんな停車しているのに、私に追突した人は青信号に変わったのでつい発進してしまったということでした。

私には怪我もなく、先方が修理代全額負担で示談になりましたが、これなんて注意しようがないですよね。

バイクに乗るのをやめようと思ったのは、この経験も影響しているのかもしれません。

しかし自分がバイク事故で入院したわけでもないのに、人生観が変わってしまったのはなぜでしょう。

腰痛で動けずに寝込んでいてもそれはまる一日、自転車で顔面骨折して入院しても一週間程度。

その程度の苦しみは人間忘れてしまうようです。