SPレコードやハイレゾ音源のマニアの方は何を目指しているのでしょう

昨日はLPレコードの国内生産が復活というお話を書きましたが、さらに古いSPレコードについても、マニアが増えて行けば、ステレオ雑誌にSPレコードの記事が普通に掲載されるかもしれません。

竹針へのこだわりとか、蓄音機のラッパの効率のいい鳴らし方とか。

そうなると面白いでしょうね。

SPレコードのマニアの方にとって、理想の音とはどういう音になるのでしょうか。

私は所有したことがないのでちょっと想像できません。

ハイレゾ音源のマニアの方は、デジタルなのでビットやレートが数年毎に上がって行くでしょうから、いい音の定義が難しそうですね。

例えば原音を追求するといっても、人間の可聴域がありますから、ビットやレートはどこかの時点で、人間には違いが聞き取れなくなるんじゃないかと思います。

理想は生の演奏よりもいい音を目指す、何てことになるのでしょうか。

一方で、いい音を目指したいというわけではない方もいらっしゃると思います。

SPレコードの場合は、音よりも雰囲気を重視する方もいそうです。

インテリアにマッチする蓄音機とか・・・。

ハイレゾ音源の場合はどうでしょう。

SPレコードとハイレゾ音源を同じ時代の人が聴いている不思議

先月、ソニーが日本国内でアナログレコードの生産を29年ぶりに再開する、というニュースが流れました。

何だか最近、新譜でLPレコードが発売されているようで、ちょっとしたブームなのかなと思っていたら、本格的に生産が開始されるというので驚きました。

去年、Technicsのレコードプレーヤーが復活したというので、世の中には好きな人もいるんだなと思っていたら、LPまで新譜が出るようになりました。

もう本格的な復活ですね。

学生の頃を思い出してみると、アルバムジャケットを部屋にずらっと飾っている知り合いもいましたので、LPレコードにアート作品的な価値は感じていました。

今見ても、プログレバンドなどに印象深いジャケットがありました。

ELPとかキング・クリムゾンとかイエスとか・・・。

CDに変わったら、そのような魅力はあまり感じなくなりました。

そんなことを思っていたら、今はLPレコードを通り越して、さらに古いSPレコードを売っているお店もあるようですね。

一方で、その対極にあるハイレゾ音源で音楽を聴くことも盛り上がっている。

子供の頃と体質が変わったのは親の影響という方がいらっしゃるかもしれません

自分は心配性だなと、たまに感じるときがありますが、社会生活は問題なく送れていますので、多くの人が持っている程度の心配性だと思っています。

子供の頃からそうだったので、持って生まれたものだと信じ切っていました。

しかし親元を離れて20年近く経って、再び間近で親を見るようになって、親の心配性は普通の範囲を超えているな、と発見したわけです。

親の場合は、心配性すぎて体調まで変わってしまう。

そういう姿を見ると、自分が子供の頃、アレルギー体質だったりよく腹痛を起こしていたのは、もしかすると、親と同じ極度の心配性を無意識に真似したために、体調を崩した結果だったのかもしれない、と気付いたのです。

その証拠に、親元を離れた大学生以降、あれほど悩まされていたアレルギー性鼻炎も、季節の変わり目に少し出るくらいですし、お腹が痛くなることもありません。

もちろん、成長すれば体質が変わることなんて、生理学上(という表現でいいのか分かりませんが)一般的なことなのかもしれません。

もしそうだとしても、親の影響をもろに受ける子供の頃に、親が極度の心配性でオロオロしたり騒いだりしていたら、子供も影響を受けて体調が変化するのは十分ありえることだと思います。

同じ資質を持っていれば子供は親のレベルを真似てしまうのだと思います

昨日、自分の子供の頃の心配性は親の影響だというお話をしました。

しかしそんなことをいったら、心配性なんて多くの人が当てはまるでしょうし、性格は親の遺伝が大きいので当たり前だ、と思われるでしょう。

私のいっていることは、それとは少し違うのです。

以前、子供の頃はアレルギー性鼻炎だったりよくお腹を痛くすることがあったが、成長するにしたがってその症状がほぼなくなった。子供の頃はかなり神経質だったので、その影響があるのかもしれない、という記事を書きました。

昨日は、母親が極度の心配性で、体調まで変わってしまうというお話をしましたが、これって自分の子供の頃と同じじゃないか、と気付いたのです。

自分では、成人してからも、生まれつきの心配性は親の遺伝だな、くらいに考えていました。

しかし福岡に帰ってきて、親と長い時間過ごすようになって、自分はここまで心配性じゃないな、ということを発見したんですね。

私の父親はクルマの洗車を全然しないのに、私はしょっちゅう洗車していた、ということも書きましたが、このように親と全く似ていないことは問題ないのです。

やっかいなのは、親と同じある性格を持っているのだけれど、その程度が、自分は常識の範囲内で、親は常識の範囲を超えていた場合です。

子供の頃の極度の心配性が親の影響だったことが分かりました

先日、母親が暑さで参っていると書きましたが、暑い日は血圧が上がらないとか、こういう蒸し暑い日は上がるとか、いっていることがコロコロ変わります。

昔からそうですが、かなりの心配性です。心配性すぎて体調まで変わってしまう。

糸井重里さんがイトイ新聞のコラムで、自分がやっていること、見ていることは、目に入りやすくなるというようなお話をされていました。

糸井さんのお話の内容とは少し違うのですが、なぜかそれを読んだとき、ああ、自分は母親の影響で極度の心配性だったんだと、改めて確信しました。

それまでも、漠然と親の遺伝かなくらいには考えていたのです。

物心付いたときから、間近で親の行動や発言を見聞きするので、ものごとに対する親の反応、イコール一般的な人間の反応だと思い込んでしまうのですね。

大学から東京に出ていて、40代になって再び親と長い時間を過ごすようになったので、そのことをより強く実感させられました。

本来自分の性格は、親の遺伝であったり、自分固有のものであったりすると思います。

親元を離れて生活を始めたとしても、自分の行動や反応に対して、これは明らかに親の遺伝だなとか、これは遺伝じゃなくて自分固有のものだな、というのは分かると思います。

自分の場合は仕方がないということがあってもいいと思います

若い頃に戻れるとしたら戻りたいか、とか、もし戻れるとしたら何歳の頃に戻りたいか、というような問いは、誰でも一度は考えたことがあるのではないかと思います。

確かにこのような問いは、現在切羽詰った問題を抱えていらっしゃる方にとっては、叶うものであれば叶って欲しいのだろうと思います。

一方で、そのように切羽詰っているわけではない方、私もそうですが、そのような人にとっては、あまり意味のある問いだとは思えません。

どんな人にも重大な岐路はあったと思います。

受験とか就職とか結婚とか、悔やんでも悔やみ切れない失敗をされたかもしれません。

親友や恋人と別れることになったきっかけもそうでしょう。

そのような重大なことの最中は、時間にすると短いですよね。

ところがそれ以外の時間は、本質の変わらない自分という人間が、淡々と生活しているわけです。

例えば、親友と疎遠になるきっかけの大喧嘩の前に戻ったとして、今度は無事に大喧嘩を避けることができた。

そのときはホッとするでしょうが、そもそも大喧嘩に至るまでに、何かしら大きな不満を持っていたのかもしれない。

悩まなくていいことにまで悩んでいた若い頃には戻りたくありません

インターネットで「若い頃に戻りたい」と検索すると、戻りたいとは思わないという意見がかなりあることが分かります。

私も戻りたいとは思いません。

若いがゆえに、悩まなくていいことにまで悩んだり、恥ずかしい行動や発言をしたりしたことは多いです。

話は少し逸れますが、今でもたまに思い出すことがあります。

私が小学校の頃、運動場に全校生徒を集めて、保健所のようなところから来たお姉さんが、歯の磨き方を教える実演がありました。

その際、歯ブラシにタップリ歯磨き粉を付けて、グーの形で歯ブラシをしっかり握って、歯の並びに沿って横にごしごし擦りましょう、と教えられました。

当時歯ブラシのサイズは、今でいう大きめのものしかありませんでした。

今では奥歯まで届く小さな歯ブラシに、少量でいいので歯磨き粉を付けて、ペンを持つように歯ブラシを軽く持ち、歯茎をマッサージするように、横に小刻みに震わせるように磨きましょう、と教えられます。

歯医者さんによっては、歯磨き粉は耳掻き一杯程度でいいという方もいらっしゃいます。

昔と今とでは全然違いますよね。

死ぬときに後悔することと若い頃に戻りたい人

自分が年を取ったせいなのだと思いますが、芸能人の方が亡くなるニュースが目に付くようになりました。

私の知っている方のご親族などに、最近亡くなられる方がいらっしゃったので、余計にそう感じるのですね。

このようなことが続くと、書店でつい「死ぬときに後悔する○○のこと」といった本を手に取ったりします。

書かれていることを見ると、「人間はこういうことで後悔しているのか。自分はそうならないように、ここに書かかれていることをやろう」、とそのときは思います。

しかし、このような、人が後悔する代表的なことは、やろうと思ってもできない代表的なことでもあります。

書いてあること自体は、中年の人であれば、テレビや雑誌や漫画などで一度は目にしたことがあるような気もします。

つまり、遥か昔から人間が共通して感じるもので、繰り返し伝えられてきたものなのでしょう。

それでもやっぱり、自分だけは後悔したくないので、何とか実行するためには・・・というテーマの本があるのですね。

その一方で、ちょっと考え方を変えてみて、死に際して後悔しているときに、タイムマシンが完成するなどして、もう一度若い頃に戻ることができるとしたら、人はどうするのでしょうか。

時代の変化が言葉の意味も変えてしまうようです

私は今まで、バス通りイコール大きな道路だと思っていました。

しかし、いざバスに乗ってみると、環状線を逸れて住宅地の小さな道に入ったりする。

思い出してみると、ASK西村代表のご自宅兼事務所に行くときは、地下鉄姪浜駅から、大きな道路だけでなく、小さな道をあっちに入ったりこっちに入ったりします。

バス会社にしたら、採算を取る必要がありますので当然でしょう。

私が住んでいる福岡市早良区は、北は海に面した福岡タワーから南は標高約1000mの脊振山に至る、縦長の形をしています。

その区を縦断するように国道が走っています。

私が中学生、高校生の頃は、ほとんどのバスが、海に突き当たった場所にある西新という街から、右に曲がって市内一の繁華街、天神に向かっていました。

今でも西新商店街には、おばちゃんたちが野菜などを売っている有名なリヤカー部隊が並んでいます。

そこを利用するお客さんの多くが国道を通るバスに乗って来る、という話を新聞で読んだ記憶があります。

ところが、その国道を途中で横切る形で、天神に向かって地下鉄が走ったものですから、地下鉄開業当時は、リヤカー部隊の利用客が減るのではないかと危惧されたようです。

バス通りという言葉は広い道路を表す時代ではないんですね

先日、免許を更新する時期が来ていたので、打ち合わせで外出するついでに、自動車運転免許試験場に行ってきました。

私は運転免許を、30年以上前に、そこに隣接している自動車学校で取りました。

当時は自転車で30分ぐらいかけて通っていて、辺鄙なところにあるなと思っていました。

地下鉄七隈線開業と同じくらいの時期に、自動車運転免許試験場のまん前に福岡外環状道路が開通したので、車で行くにはとても便利になりました。

打ち合わせは天神でしたので、近くに免許更新センターがあるのですが、その日はたまたまお休みだったのです。

最寄の駅から乗る地下鉄は、外環状道路の下を走っているのですが、福岡大学を起点に、地下鉄は天神方面に、外環状道路は福岡空港の南の端に向かって、それぞれ分かれます。

福大前駅から、外環状道路を走るバスはどんどん出ているはず、と大船に乗ったつもりで家を出ました。

いざ福大前駅に着いて地上に出て、バス停で時刻表を見ると、何と1時間に2本。次のバスは30分後です。

バス停は外環状道路に面していないので、外環状道路に出たらバスもたくさん走っているだろう、と思いつきました。

地図上ではわずかな距離です。