昔はカセットテープでオリジナルのオムニバスアルバムを作っていました

学生の頃は主に、ロックの名盤といわれるものや、クラシックの名曲、名演ばかりを聴いていました。

いつの頃からか、嗜好がまったく変わってしまったようです。

なぜ今は古楽のような音楽を聴いているのかといえば、自分にとってあまり好みではないタイプの曲がほとんどない、ということのような気がします。

私が外出するとき、音楽に関しては、ポータブルCDプレーヤーに入れた一枚のCD以外は持ち歩きません。

学生の頃はといえば、ポピュラー音楽などは特に、アルバム一枚を通して聴くことはほとんどありませんでした。

当時を思い出してみると、LPやCDから好きな曲だけをカセットテープにダビングして、ウォークマンで聴いていました。

ダビングにものすごい時間をかけていたような気がします。

「俺的オムニバスアルバム」を作るのが好きだったんですね。

なぜこのようなことをするのかというと、アルバムの中にはヒット曲が含まれていて、そのメロディーやアレンジを覚えているわけです。

言い方が悪いですが、アルバムの中には、アーティストがそれほど気合を入れていないように感じられる曲があったり、あまり好きじゃない曲があったりしますよね。

年を取ると音楽の聴き方が変わってくるようです

今年の春頃になりますが、「中世&ルネサンス・レコーディングズ」という古楽の50枚組みCDボックスを買いました。

価格は1万円しませんでしたので、CD1枚が約200円のお買い得ボックスです。

デッカの古楽専門レーベル、オワゾリールというところから出ています。

15、16世紀くらいの音楽が中心のようです。

以前もお話しましたが、私は外出するときにポータブルCDプレーヤーで音楽を聴くのが好きで、一枚のCDをプレーヤーに入れたら、それを何度も繰り返し聴きます。

今、7枚目を聴いているのですが、世俗的な音楽も宗教曲も、どちらも素朴な音楽です。

バロックよりも前ですので、楽器も和声も発声法も、今の私たちが聴き慣れたものではありません。

本当にこの音楽が好きなのかと問われると、すべての曲に「はい」とはいえないくらいの素朴さです。

そんな音楽の中にも、ハッとするような美しい曲が紛れていたりします。

例えば、4枚目「Llibre Vermell de Montserrat」というCDの「Mariam Matrem Virginem」という曲。

女性の独唱とコーラスで聴き惚れてしまいます。

人々の心の変化がどのような文化を生むのかに興味のある人は少ないのでしょうか

戦争で国が荒廃するなどして、それまでの社会秩序が崩壊したならば、人々の心に大きな影響を与えるであろうことは容易に想像できます。

その変化は社会のいろいろなところに現れるのでしょうが、やはり心への影響ということであれば、その時代の文化に色濃く反映されるのではないかと思います。

それがマニエリスムであったり、ダダイズムであったり、日本の幽玄やわび・さびであったりするのでしょう。

とても興味深いものだと思います。

日本史や世界史の時間に、そのような切り口で授業をしてくれていれば、歴史にとても興味が持てたように感じます。

とはいってみたものの、その時代の文化の特色を、人間の心を起点に読み解いて行くような授業は、中学生や高校生にはちょっと高度すぎるような気もします。

そもそも、世間が心の問題に注目しだしたのは最近のことのように思います。

実際に、国が国民のメンタルヘルスケアに力を入れ出したのはここ数年ですし。

人々の心の変化が歴史上どのような文化を生んできたか、なんて調査しているより、まずは脳科学の研究を進める方が先ですよね。

それとも私が知らないだけで、既にそのような学問はあるのでしょうか。

ダダは第一次世界大戦当時の芸術運動だということを知りませんでした

以前、若桑みどり著「マニエリスム芸術論」のことを書きました。

16世紀の宗教改革や大航海時代、人々の価値観が大きく変化していた頃の文化です。

パラダイムシフトが起きれば、人々の心に影響を与えるわけで、それが文化に反映されるのは当然だと思います。

私はマニエリスムという言葉を知りませんでしたので、知らないことがたくさんあるなと思ったり、歴史というのは面白いなと思ったり、このような文化は他にもあるのだろうなと思ったり、多くのことを考えさせられました。

そのときは、日本でも同じように文化のエポックがあったんだろうな、と思って調べてみました。

日本独自の文化といえば、やっぱり茶の湯やわび・さびのようで、当時の社会の出来事は応仁の乱にあたるようでした。

一度面白いなと感動したら、そのことを意識してしまいます。

積読していた亀山郁夫著「ロシア・アヴァンギャルド」も読み始めたことを書きましたが、それをきっかけに、ダダイズムが20世紀初め、第一次世界対戦の時代だったことを知りました。

学生の頃、たまに美術館に行ったり美術雑誌を買ったりしていたときは、アンリ・ルソーやエルンストのような、ダダやシュルレアリスムの作家のものが中心だったと記憶しています。

一番の理由は高価なアナログの世界を疑似体験できるところかなと思います

ある時期から、真空管のレコーディング機材はリーズナブルなものが出てきましたが、私が大学生の頃は真空管のものはプロ用の機材くらいで、とても高価でした。

なぜあんなにサンレコに夢中だったのか考えてみたのですが、多分そのような高嶺の花の機材の試用レポートが読みたかったんですね。

高価な機材の使い比べをしてみたり、あのヒット曲はどんなビンテージ機材を使ったのかというエンジニアのインタビューなど、イメージするだけでワクワクするような記事が多かったように思います。

もちろん、コンピューターのプラグインソフトの利点はたくさんあります。

高価で手の届かないビンテージ機材を、リーズナブルな価格でシミュレートしてくれるのですから。

今思い出したのですが、自動車雑誌のカーグラフィックが、創刊号を復刻したものを付録にしている号がありました。

その復刻版には、ガルウィングで有名なメルセデス・ベンツ300SLのテストレポートが掲載されていました。

記事のモデルはオープンタイプのようですが、それでも当時は、今でいうポルシェやフェラーリどころではなかったのではないでしょうか。

当時のクルマ好きの庶民にとっては、夢のような記事だったと思います。

モノに対する所有欲やアナログが好きなことが理由だと思います

アプリを作る仕事をしているのにこんなことを書くのも変ですが、レコーディング機材は、コンピューターソフトウェアよりハードウェアを持っていたいと思います。

音楽もCDで聴いてばかりいて、音楽配信にはあまり興味がありませんので、これと似たような心理なのでしょうか。

「収集癖 心理」などで検索すると多くのWEBサイトがヒットしますね。

収集してしまう理由は、狩猟本能、寂しさを埋め合わせるため、etc・・・。そうですか・・・。

確かにモノを所有しているのは安心、というのはあるかもしれません。

ただ自分とはちょっと違うなと思うのは、プラモデルを開封しないでコレクションしいる人がいますよね。

音楽でいえば学生の頃、LPを買ったらすぐにカセットテープにダビングして、LPは大事にしまっておく人がいましたが、これも同じような心理でしょうか。

私にはその気持ちは分かりません。使うために買います。

レコーディング機材の話に戻ると、やっぱりツマミやフェーダーを手で動かしたいという感情はあると思います。

それに、録音レベルの音量を上げすぎると歪むというような現象も好きなんだと思います。

どうも、アナログの感覚を感じていたいのかもしれません。

プラグインソフトが普及してからレコーディング雑誌を買わなくなりました

本屋さんで、久しぶりにサウンド&レコーディング・マガジン(通称「サンレコ」)を見ました。

ギターマガジンなどを出版しているリットーミュージックの雑誌で、DTMなどのレコーディング機材を扱っています。

30歳前後の数年間は毎号欠かさず購入していました。

新製品やビンテージ機材の解説などを夢中で読んだものです。

私は小学生の頃から録音機材に興味があって、使い方も分からずちゃんとした録音機材もないのに、なぜかレコーディングマイクを買った記憶があります。

大学生の頃だったと思うのですが、何かの音楽雑誌で、好きなミュージシャンのバックステージにセッティングされていた機材のメーカー名を調べて、購入することができるのか、輸入代理店に電話したことがあります。

代理店の方は、「どこで調べたんですか?」とビックリしていました。個人には売っていないという回答だったと思います。

今考えてみると、売っていたとしても、とても買える価格ではなかったと思います。

サンレコの話に戻りますが、いつの頃からか、まったく買わなくなってしまいました。

干支のような周期が心や身体に影響を与えているのかもしれません

音楽にしても、よく聴いている音楽に加えて、ジャズを聴いている時期やロックを聴いている時期もありました。

いつも聴いている音楽に飽きたということもあるのかもしれませんが、それだけではなく、積極的に聴きたい気分になっていたように思います。

それが季節の変化の影響なのか、年齢の変化によるものなのか、それはよく分かりません。

しかし人間も自然の一部ですから、四季の変化があるように、人間にも四季があっていいはずです。

日本人には馴染み深い干支なんて、そのような考え方なんじゃないかと勝手に考えています。

今日、2017年8月17日は丙子の日です。

干支という字の「干」は甲、乙、丙、丁、戊、己、庚、辛、壬、癸の十干。

干支という字の「支」は子、丑、寅、卯、辰、巳、午、未、申、酉、戌、亥の十二支。

干支とはその組み合わせで、甲子、乙丑、丙寅、・・・十番目の癸酉まで来たら十二支の戌が余ります。

なので十干の甲に戻って、甲戌、乙亥、十二支の子に戻って、丙子、丁丑、・・・。

六十番目の癸亥まで来たら、最初の甲子に戻ります。

生まれた年も今日の干支と同じ考え方です。

バイオリズムのように読みたくなる本のジャンルが変わっているようです

ここ数日、易経や華厳のような東洋の思想に関する本の話をしてきました。

数ヶ月前は、マニエリスムやロシア・アヴァンギャルドなど、美術に関する本ばかりを読んでいました。

そのときは、仏教を含む東洋の思想の本はほとんど読まなかった気がします。

自分の読みたくなる本のジャンルは、バイオリズムのように一定期間ごとに変わって行くようです。

私と同じような方も、いらっしゃるのではないかと思います。

一方で、一生ほとんど同じジャンルの本ばかり、という方はいらっしゃるのでしょうか。

その逆に、ジャンルなど全く関係なく、好きな本を手当たり次第に読んでいる人の方が多いのでしょうか。

私の場合は、好きなジャンルはいくつかあって、あるジャンルが飽きたら他のジャンルを、という読み方を繰り返しているようです。

自分の好きな本はいくつかのジャンルに分類できる、と分かったのは40代に入ってからで、バイオリズムのように一定期間ごとに読みたくなるジャンルが変わる、と分かったのは最近です。

そういう意味では、一生ほとんど同じジャンルを読むとか、ジャンルなど全く関係なく読むというように、自分の個性が分かるのは、ある程度年齢が行ってからなのでしょうね。

坐禅をすることもそうですが、心は外的条件や行為に左右されるのですね

アランの幸福論はお坊さんのお話を聞いているようだと書きました。

今日、集英社文庫の解説を読んでみて、改めてその想いを強くしました。

私は嫌なことや悩みがあれば、まず最初に本やインターネットの記事に、その解決方法を求めます。

世の中にはまだ自分の知らない考え方があって、それさえ知れば嫌なことや悩みは一瞬で消えてしまうんじゃないか、という期待があるんですね。

当然、そのような考え方にはほとんど出会うことはありません。

アランの幸福論には、そのような期待を抱かせる箇所はあまりありません。

あなたの抱えている不安や絶望といったものは、実は胃の痛みや寝不足から来るものかもしれないよ、というように、あくまで現実の生活に即した考え方や生き方を示してくれます。

昨日は、禅的な生活と似ているところがあるようだとお話しました。

禅のお坊さんの生活といえば、朝早くから規律正しく掃除や坐禅、食事などをされているように見えます。

そのような修行を通して、心や身体が健全さを取り戻して行く。

仏教の深層心理学といわれる唯識も、その教理をまとめたのは瑜伽行唯識学派という、瑜伽行=ヨガを実践していた学派であって、頭の中だけでできあがった理論ではないのですね。