70代で新しい技能を習得することはできないというコラムを読んでホッとしました

先日より、ASKさんのビジネス研究会の活動が活発なことや、自分がASK会員さんの平均年齢に達したとき、同じように取り組めるか考えてしまったことなどを書いています。

今でさえITの最新情報について行けてないと感じているのに、70代になってもIT関連でビジネスにコミットし続けられるかとえば、かなり疑問です。

この記事を書いているときインターネットで、ソニーの元幹部で経営に参加していらっしゃった郡山史郎さんという方のコラムを見つけました。

ITmedia エグゼクティブというサイトの「キャリアプラン 90歳までの現役計画」という連載です。

20代から90代まで10年ごとに区切って、各年代で「どう生きるか」についてご提案されています。

とても考えさせられる内容で何度も読み返してしまったのですが、その中でも特に70代の「もしあなたが70歳以上なら」という回に感銘を受けました。

特に心に響いた箇所を以下に抜粋します。

「70歳になったら、まず自覚しましょう。自分は自然にとっても、人間界にとっても、まったく無価値である。これから貢献できることはほとんどない。この自覚があれば、第2の人生を、自分にとって、また周りのすべての人にとって、きっと良いものにできます。

自分の好きなこと得意なことを考えて70代に備えておこうと思います

昨日は、ASK アクティブシニア交流会の会員さんの平均年齢が70代にもかかわらず、積極的にビジネスに取り組まれていることと、自分が70代になっても同じように取り組めるかといえば無理ではないか、ということを書きました。

30代、40代の頃には、IT関連の新技術で気になったものはどんどん試してみようという気力があったのですが、今はそこまではありません。

ASKのみなさんは大きな企業に勤められていた方が多いので、基本的にはコンサルタント業をされています。

私にできるかどうかは別にして、70代になったらシニアならではの知識を使った教育や研修のような、人間を対象としたビジネスを考えた方がいいのかもしれません。

とはいえ、自分に向いていないことを考えても、ビジネスとしてお客さんにサービスを提供するクオリティにはとても到達できないでしょう。

よく本やブログには、自分の好きなこと、得意なことを見つけるためのヒントがいろいろ紹介されています。

気がついたらいつもやっていること、今までに多くのお金や時間をかけたこと、人がやっているのを見ると嫉妬してしまうこと、・・・等々。

もちろん簡単には見つからないので、このような本やブログが溢れているのだと思いますが。

ASKさんの活動を見て自分はIT関連のビジネスを続けていられるか考えてしまいました

以前、ASK アクティブシニア交流会さんのビジネス研究会にて、シニア人材経営支援制度に登録されているASK会員さんを中心に結成されたコンサルチームの発表と、その運営方法についての話し合いの場が持たれたことを書きました。

ビジネス研究会とは、ASKさんが会員さんの関係する製品を紹介するために、毎月開催されている会です。

既に90回を超えていますが、売り上げや商談紹介の成果に乏しいため、活動のあり方を本格的に見なおすことが目的でした。

それ以降のビジネス研究会は、従来の製品の紹介と共に、コンサルチームの活動報告と討議が続けられています。

現在コンサルチームは「シニア人材経営支援 MAG(マネージメントアシストグループ)」と命名されていて、今月は以下のような取り組みをご報告されました。
http://info.ask-fk.com/2018/03/41195.html

いつも感じるのは、みなさん積極的にビジネスに取り組まれていらっしゃることです。

平均年齢は70代とお聞きしているので、定年を迎えられてから10年以上経った方がほとんどではないでしょうか。

エーコの小説で神秘的なものに惹かれて行く人の心の過程を体験したいです

昨日はウンベルト・エーコの小説「フーコーの振り子」の在庫がもう切れていたため、買えなくなってはマズいと思い、中古本を買ったことをお話しました。

仕事の合間にほんの十数ページ、目を通してみました。

Amazonなどの読者のレビューを見ると、同著者の小説「薔薇の名前」よりも内容が難しいと書いてあるだけあって、最初の「振り子」の説明から難解です。

先が思いやられる・・・。

しかしぜひ読んでみたいと思ったのは、小説は錬金術や秘密結社などの多くのオカルトを題材にしながら、虚構に過ぎないことにも意味を持たせようとする人の心性を、エーコは描いているらしいからです。

以前三田誠広さんの本を読んだときも、ニュートンのような科学者たちは、神を信じるがゆえに神の原理=科学原理を追求したわけで、彼らの錬金術師のような怪しげなオカルト研究のイメージも、後世の人の脚色から来ていることを知りました。

ウンベルト・エーコの「完全言語の探求」にも、ライムンドゥス・ルルスの「大いなる術」が後世の人々によってカバラと結び付けられ、魔術師のようなイメージに変えられていく過程が描かれています。

積読覚悟でウンベルト・エーコの「フーコーの振り子」を買ってしまいました

ウンベルト・エーコの「完全言語の探求」(平凡社ライブラリー)を半分以上読み進んでいて、とても面白いので小説も読んでみようと思い立ちました。

ウンベルト・エーコといえば、ショーンコネリー主演の映画の原作「薔薇の名前」という小説が有名で、いつか読んでみたいと思っていたものです。

最近ライプニッツに注目するようになって、本人以上に彼の周辺、カバラやライムンドゥス・ルルスといったことに興味を持つようになりました。

以前、Amazonで「完全言語の探求」の目次を見ていたら、ライプニッツを始めとする私の興味のある項目が並んでいたので、つい買ってしまいました。

しかし内容は、「アダムの言語」や「完全言語」というものを追い求める人々の思想史ですので、なかなか仕事をしながら気軽に読み進められる本ではありません。

そこで息抜きに同じ作家の小説でも・・・と思ったんですね。

Amazonなどで「薔薇の名前」を読んだ人のレビューを見てみると、ちょっと内容が難しいという意見がチラホラ。

息抜きに読むという感じではないかもしれません。

そして何より単行本しかなくて、上下刊で計5千円とのこと。ちとお高い。

最初は小さな催しや施設が時間をかけて地域を有名にして行くのだと思います

昨日は、テレビで私の家の近所が放送されていたことを書きました。

このブログでたびたび書いていますが、私の住んでいるところは福岡市といっても、周辺部の田舎で何もありません。

市内の人に場所を説明するときは、福岡大学はさすがにほとんどの人が知っているので、福岡大学から4キロほど佐賀方面に行くと福岡歯科大学があり、途中に野芥という地区があって・・・と位置関係を説明します。

私が高校のときだったと思いますが、タモリさんのオールナイトニッポンを聞いていたら、その野芥のリスナーから手紙が来ていて、タモリさんが「野芥!昔は田舎で何にもなかった!」と大声でおっしゃっていました。

多分、そのようなところから手紙が来たことに驚かれていたのだと思います。

ですので、博多華丸・大吉さんとロバートのお三方がよくロケに来たな、と不思議な感じがします。

前々から、この辺りがメディアに取り上げられることがあるとすれば、さらに佐賀方面に向かったところにある飯盛神社の流鏑馬行事くらいじゃないでしょうか。

確かに16世紀の記録にも残っているらしく由緒のある行事らしいです。

とはいえ地下鉄七隈線が十数年前に開通してからは、さすがに少しずつ開けてきたように思います。

また有名なタレントさんが福岡のテレビ番組で近所を紹介していました

昨日夕食時にテレビをつけたら、テレビ西日本の「華丸・大吉のなんしようと?」という番組で私の家の近所が映っていてビックリしました。

福岡歯科大学の近辺で、福岡市民でも早良区に住んでいる人しかピンと来ないかもしれません。

出演者一行は私のよく行くスーパーマーケットの前を通って、四箇田団地から田という地区に抜けて行かれました。

超ローカルな地名ですが、「万十屋(まんじゅうや)」というモツ鍋屋さんや「ブルージャム」というパン屋さんがある場所といえば、結構有名なお店らしいので、福岡市民でもピンと来る方はいらっしゃるかもしれません。

ただ驚いたのは、ゲストがロバートのお三方だったということ。

博多華丸・大吉さんもロバートさんも今や全国的に有名ですよね。

ロバートの馬場さんは料理愛好家としても有名で、最近はいろいろな番組やCMでよく見かけます。

秋山さんも同じようにいろいろな番組で拝見しますが、個人的には「クリエイターズ・ファイル」という多彩なキャラクターになりきる企画が面白いと思います。

私はアメリカン・インディアンに認められた男、「小野幸次郎」というキャラが好きで、頭にこびりついて離れません。

「ここたまサポートひろば」も確認したりするのでFirefoxやVivaldiを動員しています

チャットアプリ「安心対話室」には、利用者が使うスマホアプリ以外に、お客さんの代表の方が使うPC用管理画面、同じくPC用チャットアプリ、そしてNPO法人 心の卵の担当の方が使うお客さんの管理画面を管理する画面があります。

デバッグをする際は、この三種類のPC画面を表示するためにWEBブラウザのタブを三つ開きます。

「サポート相談室」も同じ基本システムを使っていますので、「安心対話室」と動作に違いはないかなどを確認するために同じ画面を開くと、六つのタブが開いた状態になります。

どちらのアプリもGoogleのChromeブラウザを推奨していますが、この六つ以外にも業務でGmailなどのWEBサイトを開いていますので、タブの数が増えすぎて混乱するときがあります。

そうならないようにFirefoxブラウザも同時に起動して、こちらに「サポート相談室」の三つのPC画面を開くことが多いです。

チャットアプリは「楽々談話室」も開発していて、基本システムも同じですので、動作を確認するために画面を開きたいときがあります。

「楽々談話室」はカウンセリング用途ではなく、サークルのような一般的な用途向けなので、1対1の対話に特化する必要はありません。

「管理者」の画面は三つあるので同時にデバッグするとき複数のWEBブラウザが必要です

私が日頃使っているパソコンはWindows 7です。

楽譜作成ソフト「Score Magazine」の動作チャックに必要なので、Windows 8と10は持っているのですが、以前より使っているソフトがWindows 7にしか対応していないものがいくつかあるので、まだ移行できないでいます。

先日、三つのチャットアプリ「安心対話室」、「サポート相談室」、「楽々談話室」は、共通のシステムを使っているので、場合によってはデバッグを同時に行うことができて便利だと書きましたが、始めた当初はちょっと困ったことがありました。

アプリはJavaScriptの新しい命令を多用していることもあり、管理画面を動作させるにはモダンブラウザが望ましいので、GoogleのChromeブラウザを推奨しています。

例えば「安心対話室」のデバッグをする際、お客さんの代表の方が使うPC用管理画面にアクセスし、同じくPC用チャットアプリにアクセスします。

それにNPO法人 心の卵の担当の方が使うPC用管理画面、つまりお客さんの管理画面を管理する画面=「管理画面の管理画面」にもアクセスします。

Chromeブラウザの三つのタブを開いた状態で、スマホアプリとチャットのテストをするんですね。

三つのアプリはサーバーからチャットデータを自動削除しています

先日「サポート相談室」の自動削除機能をチェックして正常に動作しているのを確認したので、これに関連する記事を書いてみようと思います。

「安心対話室」、「サポート相談室」、「楽々談話室」は個人情報保護に配慮して、チャットデータをサーバーから自動的に削除するようにしています。

もっとも、三アプリともユーザー登録には実名を使う必要はありませんし、メールアドレスも電話番号も必要ありません。

さらにユーザー登録は管理者が行うようになっており、利用者本人はユーザー登録も友達申請もできないので、チャットに参加できるのは管理者が登録した人だけです。

チャットに個人情報を書き込まない限り、第三者がアプリを覗き見しても利用者の個人情報を特定することはできません。

ですので、チャットデータをサーバーから削除する必要性もそこまでないように思いますが、念には念を入れて個人情報が残らないように配慮しているんですね。

ちなみに「楽々談話室」は数日で自動的に削除されますが、「安心対話室」はカウンセリングが目的ですので、少し前の利用者との会話も確認する必要があるだろうということで、削除されるのは週の単位にしています。

PR:カウンセリング・EAP専用チャット管理者となって利用者を見守るチャット