「メンタルヘルスケア」と「メンタルヘルス対策」という言葉が使い分けられていました

これまで、「働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト こころの耳」にある四つのPDFを見てきましたが、私が確認する必要があるのは、三番目のPDF「Relax 職場における心の健康づくり~労働者の心の健康の保持増進のための指針~」のようです。

ちなみにこの冊子は、表紙に「厚生労働省 独立行政法人労働者健康安全機構」とありますので、厚生労働省が公示したものが元にありそうです。

調べてみると、「労働者の心の健康の保持増進のための指針(平成27年11月30日健康保持増進のための指針公示第6号)」というものがありました。

「Relax 職場における心の健康づくり・・・」の巻末に「2017」という表記がありますので、この冊子は、厚生労働省が平成27年に公示したものに、図などを付けてで分かりやすくまとめたもののようです。

それでは、「労働者の心の健康の保持増進のための指針」の各項目を、簡単に要約してみたいと思います。

1.趣旨

最初の項目です。

「事業場において事業者が講ずるように努めるべき労働者の心の健康の保持増進のための措置」を「メンタルヘルスケア」という、とあります。

cocotamaさんが提供されているプログラム内容と関係のあるPDFを選びます

昨日は四つのPDFの内容をざっと確認してみました。

ちなみに、以前より株式会社cocotamaの佐々木社長から、ストレスチェックとはどのようなものかも含め、cocotamaさんの業務についてお聞きしていました。

その際に、cocotamaさんが提供されているプログラムの目的は、ストレスチェックを終えた従業員の方の心の問題を早期発見し、従業員の方が休業に追い込まれることを予防することにあります、というお話されていました。

その意味では、昨日お話したように、最初のPDF「ストレスチェック制度導入ガイド」はストレスチェック実施に関する内容ですし、最後のPDF「Return 改訂心の健康問題により休業した労働者の職場復帰支援の手引き」は、タイトルどおり休業後の対応ですから、それらの内容を私が確認する必要はなさそうです。

二番目のPDF「Selfcare こころの健康 気づきのヒント集」ですが、こちらは昨日書きましたように、労働者の方ご自身が確認する冊子のようですね。

タイトルの最初に「Selfcare」と書いてありますし。

ストレスとはどういうものか、みずから自分のストレスに気づこう、ストレスとうまく付き合うには、といったことが書かれています。

メンタルヘルス対策に関する重要な四つのPDFを確認してみました

最初のPDFは「ストレスチェック制度導入ガイド」。

これは事業所に向けた冊子のようです。

ストレスチェックとはどういうものかや、導入方法や運用方法、医療機関との連携などが書かれています。

株式会社cocotamaの佐々木社長によると、ストレスチェックは各事業所が実施するのですが、実施したあとどのようにメンタルケアにつなげるか、というところが分からなくて困っている事業所が多いことから、cocotamaさんのプログラムは、そこをフォローするもののようです。

そういうことであれば、この「ストレスチェック制度導入ガイド」は、私が確認する必要はなさそうです。

二番目のPDFは「Selfcare こころの健康 気づきのヒント集」。

「はじめに」を読んでみると、労働者一人ひとりに向けた内容のようです。

自分の心の状態を知るためのストレスチェック調査票、ストレスを緩和する方法、公共の相談機関の一覧表などで構成されています。

三番目のPDFは「Relax 職場における心の健康づくり~労働者の心の健康の保持増進のための指針~」。

これは厚生労働省の策定した、メンタルヘルスに関する対策をまとめたもののようです。

「こころの耳」というWEBサイトでメンタルヘルスの情報が得られそうです

昨日は、労働者を対象にしたメンタルヘルス情報を提供しているWEBサイトを調べるために、「メンタルヘルス ストレスチェック」というキーワードで検索してみたことを書きました。

検索結果のページに戻ってみると、ストレスチェックそのものを試すことができるWEBページと、ストレスチェックを説明する厚生労働省のPDFページに続いて、「メンタルヘルス対策(心の健康確保対策)に関する施策の概要」というWEBページがありました。

このWEBページには、国が行ってきたメンタルヘルス対策に関する施策内容のPDFがズラリと並んでいます。

ちなみに、ここは「働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト こころの耳」というWEBサイトで、「このサイトについて」というページを見てみると、厚生労働省委託事業として開設されたと書いてあります。

同じページの「このサイトの趣旨」という欄に、「このサイトの目的は、職場のメンタルヘルス対策(自殺予防対策を含む)及び過重労働対策について、事業者、労働者、家族等への的確な情報提供の基盤を整備することです。」とあります。

正にここが、職場におけるメンタルヘルス情報WEBサイトの総本山なのではないかと思います。

メンタルヘルスについての情報が書かれているWEBサイトを探してみます

今までお話してきたように、私自身心理学に興味がありますので、「メンタルヘルス」という言葉を見たら、その意味を何となくイメージできるのですが、まったく興味のない方にとっては、いざ調べようと思っても、どこから手を付けていいのか分からないのではないかと思います。

私の場合は、運よく株式会社cocotamaさんとお付き合いがありましたので、「メンタルヘルス」の他に、「厚生労働省」や「ストレスチェック」辺りが主なキーワードだということは知っていました。

そこで、最初に「メンタルヘルス」というキーワードで検索してみました。

最初に厚生労働省の「みんなのメンタルヘルス」というWEBサイトが表示されます。

こちらは、心の病気についてのサポート情報をまとめたページのようです。

トップページの「ケースに学ぶ  ~こんなときどうする!?」という欄には、学生さんから、主婦の方、年金生活者の方などの声が紹介されていますので、このWEBサイトは子供からお年寄りまでが対象のようです。

今回はcocotamaさんのアプリを開発する際の参考に、ということなので、対象を労働者に絞りたいと思います。

アプリ開発をお手伝いするに当たってメンタルヘルスの知識を身に着けようと思います

株式会社cocotamaさんとNPO法人 心の卵さんのアプリを開発しています。

どちらも、企業のメンタルヘルス対策に使用します。

以前より、ホームページの作成もお手伝いはしていたのですが、そもそも私には「メンタルヘルス」に関しての知識がありません。

cocotamaさんが提供されているメンタルヘルス対策プログラムのパンフレットを拝見すると、次の「 」で囲んだような用語が出てきます(「 」は私が付けました)。

  • 厚生労働省が求めるメンタルリスク「二次予防」対策を提供
  • 「セルフケア」、及び「ラインによるケア」対策のための研修プログラム
  • 厚生労働省が推奨する「外部相談窓口」機能を有し・・・
  • 従業員のストレス発散や、潜在的問題点の「早期発見」が可能

一昨年から制度化されて話題になった「ストレスチェック」は厚生労働省の管轄ですし、上記の用語も厚生労働省が推進するメンタルヘルス対策に関係ありそうです。

私自身、いくら小さいとはいえ事業所の経営者ですし、50人未満の事業所でも、ストレスチェックを受けるのは努力義務だということは知っています。

ハイファイでなくても脳が気持ちのいい音だと判断すればそれでいいのでしょう

先日、テレビを見ていて驚いたのですが、ステレオの電流にもこだわっている方が、電力会社と契約して、電線から自宅のステレオ専用に、直接電源を引いていました。

部屋にあるコンセントだと、家電と干渉してノイズの原因になるので、それを避けたいということでしょう。

人間のこだわりはどこまでも限りがないんだな、とちょっと感動しました。

一方で、私は蓄音機でSPレコードを演奏するコンサートに行ったことがあるのですが、とても艶のある音で驚いた記憶があります。

SPレコードなので当然モノラル録音ですし、電気も使わず、大きなラッパだけで音を増幅します。

超ハイファイステレオの対極の姿ですよね。

普段、私たちはSPレコードを聴く機会なんてほとんどありませんが、それでもクラシック音楽の1950年代のモノラル録音盤ならば普通に売っています。

例えばワルターのモーツァルトやマーラーなどを聴いていて、音楽に集中していると、モノラル録音であろうがステレオ録音であろうが、私は気になりません。

物理的な特性が劣っていても、音楽を判断しているのは脳なので、脳が気持ちのいい音だと判断すれば、それで満足なんじゃないかと思います。

音楽を聴くときに求める価値は人によって違います

前回までは、聴く音楽のジャンルによってはお金と時間を使わなくて済む、というお話をしましたが、今回はちょっと違うお話です。

私は音楽を聴くときはポータブルCDプレーヤーがメインです。

というより、今はそれでしか聴きません。

もともと家の外で聴くのが好きだったのです。

コンポーネントタイプのステレオやミニコンポは持っているのですが、座ってじっくりと聴くことはありません。

私が人生で一番ステレオにお金をかけていたのは、大学生から社会人になってしばらくの間だと思います。

アルバイトしたお金や給料を、自分の趣味に丸ごと使っていた時期です。

日本はバブルに向かっていて、サンスイのアンプやダイヤトーンのスピーカーなど、今でも評価の高い製品が次々に発売されていた時代です。

ソフトの方も、CDが本格的に普及を始めた頃で、アバドのマーラーなどの魅力的なLPが、こちらも次々に発売されていました。

私は秋葉原を回って、サンスイのアンプやケンウッドのレコードプレーヤーを安く手に入れて、そのマーラーなどを聴いていました。

とはいうものの、当時の記憶は、カセットウォークマンに録音したマーラーなどを、自転車に乗ったりしながら聴いている姿なんですよね。

好きなジャンルがマイナーなものであればお金と時間は少なくてすむかも

昨日は、古楽はマイナーなジャンルのためか、よくボックス売りの安いCDが発売されるというお話をしました。

私の場合、それを聴くのはポータブルCDプレーヤーがほとんどです。

Shureの一万円くらいのイヤホンで聴いています。

iPodも持っていましたが、いつの間にか使わなくなりました。60GBだったと思います。

iPod touchはアプリチェック用に買って、音楽用には利用していません。

学生時代に何台か買ったカセットテープのウォークマンは、一本のテープを何度も聴いていましたし、ポータブルCDプレーヤーは、同じように一枚のCDを何度も聴いている。

こういう聴き方が気に入っているんですね。

もし私が、売れ筋のポピュラーミュージックが好きで、それをハイレゾ音源のポータブルプレーヤーに詰め込んで聴きたい派だったならば、当然それに見合う高いイヤホンが欲しくなっていたでしょう。

当然、お金もたくさん必要ですが、そられのジャンルは次から次に魅力的な製品が発売されますから、情報を追う時間も必要です。

もちろん、それらの時間は楽しくて夢中になるでしょうから、幸福な時間ということはいえると思います。

マニアであれば何を志向しようとお金はあるだけ使いそうです

私が中学生になって洋楽を聴き始めた頃は、ラジオで耳にする音楽がみんな刺激的で、お小遣いを貯めてはLPレコードを買っていました。

高校生になると、お昼は学食でうどんで済ませたりすればお金は浮きます。

そう考えてみると、今私が中学生だったら「安いのにいい音」を追求するかも・・・なんて昨日書きましたが、今は魅力的な製品が山のように売られていますから、音が良くなるコンバーターを買ったり、ちょっと高いイヤホンを買ったりして、結局はお金をあるだけ使ってしまいそうです。

私が高校生のときは、アルバイトもして、ギターやギターアンプを買っていました。

メーカーも学生が欲しがりそうな商品は分かっていますから、何とか手の届く範囲でロックスターと同じモデルなどを出してきます。

好きな人が多いジャンルと自分の嗜好が一致していると、いくらお金があっても足りなくなりそうで怖いです。

そのことを認識したのは、ここ十年くらいでしょうか。古楽をメインに聴き始めてからです。

クラシック音楽は、スタープレーヤーのCDは売れるでしょうが、やはり音楽全般の中ではあまり売れるジャンルではないと思います。