心の問題に携わる方が自分に適したアプリを選びやすいように比較サイトを作りました

先日よりチャットアプリ「安心対話室」、「サポート相談室」、「ここたまサポートひろば」の主な特徴を書いてきました。

これらのアプリに共通するお客様は、カウンセラーや企業の健康管理担当者など、心の問題に携わる方ということになります。

それぞれの用途の違いは、「安心対話室」は一般のお客様を対象にされているカウンセラー様向け、「サポート相談室」は企業の健康管理担当者様向け、「ここたまサポートひろば」はEAP(従業員支援プログラム)でチャットアプリはEAPプログラムの一部です。

三つのアプリにはそれぞれホームページがあるのですが、個人も法人も対象とされているカウンセラー様もいらっしゃると思いますので、どれが自分に適しているかひと目で判断していただくために、三つを比較しているシンプルなWEBサイトを作ってみました。
http://coco-tamago.com/counsel-eap/

こちらのWEBサイトについても、このブログで内容をご紹介したいと思います。

三つのアプリの用途の違いは個人向けか法人向けかということでしたが、そもそも個人向けならば何が必要で法人向けならば何が必要か、という話になります。

管理画面の操作はとても簡単です

先日より「安心対話室」、「サポート相談室」、「ここたまサポートひろば」について主な特徴を書いています。

昨日は、管理者と複数の利用者が1対1でチャットをする際に、管理者のチャット画面がどのように切り替わっているかをお話しました。

そもそもこのシステムは、「ここたまサポートひろば」のために開発されたものです。

「ここたまサポートひろば」の場合、利用者のチャットを受けるのは株式会社cocotamaさん所属のカウンセラーの方々です。

cocotamaさんにはシステムを管理される管理者は別にいらっしゃるので、カウンセラーの方々は管理者というよりオペレーターのような感じです。

「ここたまサポートひろば」は複数の企業と契約し、その企業の従業員様からのチャットを受けることになりますので、カウンセラーさんはそれぞれ担当の企業をお持ちです。

大企業であれば部署ごとに違うカウンセラーさんが付きますし、従業員数の少ない企業であれば、一人のカウンセラーさんが複数の企業を担当することもあり得ます。

この他トラブルが起きたときの対応も含めて、「ここたまサポートひろば」のシステムはかなり複雑なルーティングを行っています。

相手を自動的に切り替える新システムを装備しています

先日より「安心対話室」、「サポート相談室」、「ここたまサポートひろば」について主な特徴を書いています。

昨日は、三つのアプリが管理者と利用者の1対1のチャットに特化していること、そしてそのシステムは、利用者一人につき管理者のパソコン1台でチャットをするイメージであることをお伝えしました。

つまり、管理者は利用者Aさんと1台のパソコンでチャットし、利用者Bさんとは別のパソコンでチャットするようなことです。

ちなみに「サポート相談室」と「ここたまサポートひろば」は企業で使います。

ということは、一人の管理者に対して100人、200人の従業員の方がチャットをすることもあり得るわけです。

そうであれば、管理者は従業員分の数百台のパソコンを用意する必要があるのでしょうか?

それは現実的ではないですよね。

これら三つのチャットアプリは・・・

「管理者は利用者Aさんと1台のパソコンでチャットし、利用者Bさんとは別のパソコンでチャットする」

・・・と同じようなイメージを、一台のパソコン上で自動的に切り替えることで実現しています。

例えば同じタイミングでAさんが「こんにちは」、Bさんが「いい天気ですね」とチャットしたとします。

利用者一人につきパソコン1台でチャットをするイメージです

先日より「安心対話室」、「サポート相談室」、「ここたまサポートひろば」について主な特徴を書いています。

これら三つのアプリに共通するのは、管理者がいて利用者のユーザー登録をすること、登録する際に個人情報を入力する必要はないということ、利用者がチャットをする相手は管理者のみだということなどです。

そのために万が一不正ログインされても、管理者さえ注意していれば他の利用者に被害が及ぶことはほとんど考えられませんし、個人情報が登録されていないため、利用者は誰であるか特定されないということをお伝えしました。

今日は「利用者がチャットをする相手は管理者のみ」という点をもう少し掘り下げて考えてみたいと思います。

これら三つのアプリは、1対1のチャットに特化していることも主な特徴の一つです。

もちろんLINEなどの一般的なチャットアプリも1対1には対応しています。

しかしそれは、利用者どうしが1対1でチャットをする設定もできるということなのですが、これら三つのアプリは最初から管理者と利用者が1対1でしかチャットできないように設計されています。

乗っ取り(なりすまし)被害には遭いにくい仕組みになっています

先日より「安心対話室」、「サポート相談室」、「ここたまサポートひろば」について主な特徴を書いています。

昨日は、これら三つのアプリはユーザー登録で個人情報を入力する必要がないので安心、というお話をしました。

しかしそうはいっても、IDとパスワードを人に知られたら、その人に自分のアカウントでログインされてしまいます。

一般的なチャットアプリで不正ログインされると、乗っ取り(なりすまし)被害に遭う可能性があります。

あなたのアカウントを使ってあなたになりすまし、あなたと繋がっている友達が金銭を要求されたりするわけです。

企業やカウンセラーの方が、チャットアプリを導入する際に心配なのはこの点ではないでしょうか。

しかし、これら三つのアプリはその心配はありません。

これらのアプリはいずれも、利用者がチャットをする相手は管理者のみです。

利用者どうしがチャットをすることはありません。

もし利用者Aさんのアカウントが第三者に漏洩して不正ログインされても、第三者がチャットをするのは管理者のみということです。

ユーザー登録に個人情報は必要ないチャットアプリです

昨日から「安心対話室」、「サポート相談室」、「ここたまサポートひろば」について主な特徴を書いています。

三アプリの大きな特徴として、チャットをする利用者全員を管理する管理者がいることを挙げましたが、そのメリットとしてユーザー登録時に個人情報は必要ないというのがあります。

EAP(従業員支援プログラム)専用の「ここたまサポートひろば」は、従業員の方のチャット相手は株式会社cocotamaのカウンセラーさんとなります。

一方「サポート相談室」は、従業員の方のチャット相手は契約された企業の産業カウンセラー様などの、健康管理担当者様となります。

いずれにしても企業単位でご契約いただくので、その企業の従業員の方だけにIDとパスワードが行き渡ればよく、その条件が満たされるのであれば、実名やメールアドレスなどは必要ありません。

「ここたまサポートひろば」のユーザー登録は、従業員の方を集めた導入セミナーで行います。

「サポート相談室」のユーザー登録はcocotamaさんが行い、IDとパスワードは封書で従業員の方に配ることになります。

法人ではなく、個人を対象とされるカウンセラーの方専用の「安心対話室」は、カウンセラーの方が管理者となり顧客のユーザー登録をしていただきます。

今までにないチャットアプリなので主な特徴だけを書いたWEBサイトを作りました

近日発売予定の「安心対話室」と「サポート相談室」、そして既に発売中の「ここたまサポートひろば」ですが、今までのチャットアプリにはあまり見かけない特徴を持っています。

一つはチャットをする利用者全員を管理する管理者がいるということ、もう一つは1対1の会話に特化しているということです。

この二つの特徴は、口で説明してもなかなか理解しづらいと思います。

三つのアプリにはそれぞれホームページがあるのですが、この二つの特徴は共通しているので、この特徴だけを説明するシンプルなWEBサイトを作ってみました。
http://coco-tamago.com/chat-apps/

現時点で気が付いたことを書いているのですが、今後お客様にご意見、ご感想をいただいたり、新たなことに気付いたりして、内容も変わって行くと思います。

「安心対話室」や「サポート相談室」も想定していること以外の使い道がありそうです

今まで作ってきたソフトも、目玉として開発した機能はなかなか理解してもらえず、基本的な機能だけで満足されることが多かったです。

注目して欲しい機能について、ホームページのあちこちに書いても、ブログで何回説明しても、ほとんど変わりません。

お客さんは使いたいものを使うので、こちらが注目して欲しいことなんて気にすることはありませんし、そのような義務もありません。

自分がお客さんの立場でもそうするでしょう。

音楽作成ソフトの場合は、少なくともお客さんがソフトを使う目的は音楽ということで共通しています。

しかし、これから発売する「安心対話室」や「サポート相談室」などのアプリは、チャットをすることだけは共通しているのですが、どのような目的で使われるかは未知数です。

個人のカウンセラーが使うことを想定している「安心対話室」は、ふたを開けてみれば、占い師の方やスピリチュアルなお仕事をされている方が、自分の顧客とのコミュニケーションに使われるかもしれません。

自分と顧客のみが1対1で繋がり、それ以外の人が繋がることが許されない環境が必要なときは、最適なシステムだと思います。

この商品は気に入ってもらえると期待してもほとんどが期待を裏切られます

とても寒い日が続いていますね。

以前にも書きましたが、私の実家は古い木造の住宅地なので、雨戸を閉めてもどこからともなく隙間風が入ってきます。

親が寝るとき寒いだろうと思って、何か防寒になるようなものはないかホームセンターで見繕っていたら、「あったかキープパネル」(株式会社ワイズ)というのを見つけました。

窓際に立てて隙間風を防ぐもので、同じような製品が数社から発売されていました。

数社が商品化しているくらいですから、効果も需要もあるのでしょう。

帰宅して実際に試してみると、確かに窓の隙間から入ってきていた冷気を遮断してくれます。

あとは親が気に入ってくれたらそのままにして、そうでなければ他で使おうと思います。

他にも寝るとき肩の部分が寒そうなので、ちょっと寒いときに掛けられるようにと、「電気ひざかけ毛布」(株式会社広電)というのを買ってあげました。

こちらの方は、コントローラー部分が以前から使っていた電気毛布のものと似ていて間違いそうなので、毛布部分だけでいいといって、電源コードのところから取り外してしまいました。

「電気」の意味がない・・・。

狩猟採集民のような生活をしているので生き方の規則性が見えてきたのでしょう

30代の初めまでは大きな会社に所属していましたし、30代の中頃まではその会社にいるときにお世話になった会社や人と一緒に仕事をしていましたので、自分のディレクターという役割の範囲で考えたり行動したりすればよかった。

しかし体を壊してからは、それまでとほとんど関係のない会社や人と仕事をするようになって、ディレクターのような決まった役割のないポジションで考えたり行動したりするようになりました。

仕事内容はITに関連していることだけがこれまでと共通で、出向している会社自体は食品関連だったり電話工事だったりするのです。

自分の周りは、まったく違う人生を歩んできた人たちばかりなわけです。

それが昨日の、40代くらいから生き方の規則性が見えてくるようになった理由だと思います。

公務員や同じ職場にずっと勤めてきた自分の親、親戚、同級生などと話してみても、彼らの生活パターンを感じます。

どちらの人生が優れているとか劣っているとかの話ではなく、まったく違う景色を見ている人生だな、と思ってしまいます。

そのような人生を歩んできた彼らの話を聞いていると、人間どうしが深い付き合いをしていますし、彼ら自身の仕事についても相当に深いところまで極めているように感じます。

PR:カウンセリング・EAP専用チャット管理者となって利用者を見守るチャット