利用者はスマホで管理者はパソコンでチャットをします

株式会社cocotamaさんの「ここたまサポート相談室」も、NPO法人 心の卵さんの「安心対話室」も、利用者は無料でダウンロードしたスマホアプリでチャットをしますが、管理者はパソコンでチャットをします。

管理者が管理画面を持ち、利用者と1対1で対話するというこれらのアプリの基本システムは、cocotamaさんの最初のチャットアプリ「ここたまサポートひろば」を踏襲しています。

「サポートひろば」はcocotama専属の心理カウンセラーさんがチャット対応し、利用者のユーザー登録やプッシュ通知はcocotamaの責任者の方が行っています。

昨日書いたように、複数の利用者が連続してチャットしてくるかもしれませんので、心理カウンセラーさんはコールセンターのテレフォンオペレーターのように、パソコンの前で待機されています。

「サポート相談室」も「安心対話室」も、チャット画面やプッシュ通知は「サポートひろば」と同じですので、cocotamaの心理カウンセラーさんや責任者の方のように、パソコンを使って利用者に対応していただきたいということのようです。

管理者から発言するのではなく利用者の発言を待つ仕様になっています

株式会社cocotamaさんの「ここたまサポートひろば」を契約した企業は、cocotamaの専属カウンセラーさんが企業の社員とチャットするため、企業に管理者はいません。

一方、cocotamaさんの「ここたまサポート相談室」を契約した企業は、専任の担当者を立てていただいて、その方が管理者として利用者、つまり社員とチャットをしていただきます。

NPO法人 心の卵さんの「安心対話室」の場合は、契約したカウンセラーの方が管理者となって利用者、つまりカウンセリングを受ける方とチャットをすることになります。

管理者は利用者と1対1でチャットをしますが、管理者から発言することはありません。

管理者はあくまで利用者が発言するのを待つ、という仕様になっています。

これはどういうことかというと、例えば管理者は利用者Aさんと自分の二人だけが表示されている画面でチャットをするのですが、利用者Bさんが発言した瞬間、管理者の画面は利用者Bさんとの二人だけの画面に切り替わります。

例えばAさんが「管理人さん、こんにちは」と発言した直後に、Bさんが「管理人さん、こんにちは」と発言したとします。

管理者の画面にはAさんの発言が表示されていますので、まずは「Aさん、こんにちは」と返信します。

心の卵さんとcocotamaさんが共同で事業を展開されます

西日本国際福祉機器展で、NPO法人 心の卵さんと株式会社cocotamaさんが共同でチャットアプリを展示されたことをきっかけに、本格的に共同事業を始められるようです。

ちなみに心の卵さんが展示されていたアプリは「安心対話室」、同じくcocotamaさんのアプリは「ここたまサポート相談室」。そして今回は展示されていませんでしたが、cocotamaさんには「ここたまサポートひろば」という商品もあります。

元々cocotamaさんは心の卵さんのスタッフが創業された会社ですので、事業内容はカウンセリングやメンタルヘルスの社員研修など共通の部分が多いです。

主な違いは、心の卵さんが個人の方を対象としているのに対し、cocotamaさんは企業を対象としているところです。

このたび新しい製品を発売するに当たって、ターゲットがカウンセラーや企業の健康管理担当者など、心の相談に携わる人に最適なアプリであることが共通しているため、共同事業化のメリットがあると判断されたのだと思います。

さらにいえば、三つのアプリとも管理者が存在していて、その管理者と利用者が1対1で対話するという、今までにない形態のシステムです。

企業やお店側にとってもお客様にとっても便利だと思います

「安心対話室」を利用するには管理者としてご契約いただくことになり、ご契約後はパソコンの管理画面でチャット利用者のユーザー登録ができるようになります。

例えば管理者の方が、一定期間お客様にアドバイスをする仕事をされている場合、アドバイス料が振り込まれたのを確認してユーザー登録をし、規定の期間チャットでやり取りしたら、登録しているお客様のユーザー情報を削除する、というように活用していただけます。

営業時間外はチャットシステムを休止することもできますので、フレキシブルにチャットでの業務を取り入れていただけます。

お客様とメールでやり取りしてもいいのですが、スマホの場合、パソコンからのメールを受信拒否設定されている方は結構いらっしゃいます。

もし受信拒否されていないとしても、メールソフトの方で勝手にウィルスメールと判断して、「迷惑メール」フォルダに移動されていたため、それに気付かずお客様に返信できなかった、という致命的なミスを犯す危険性もあります。

さらにそれらをクリアしても、お客様が多数いらっしゃる場合、例えば1日に数十人のお客様からメールが来て、その一人ひとりに確実に返事をしなければなりません。

「安心対話室」はカウンセリング以外の用途にも使えます

「安心対話室」はスマートフォンを使ってチャットをするアプリです。

この説明だけでは、LINEのような一般的なチャットアプリのようですが、実はかなり特殊なシステムになっています。

まずこのチャットアプリを企業、団体、学校などで使うためには、代表者の方に利用申請していただきます。

代表者の方にはパソコン用の管理画面が与えられますので、その管理画面で利用者のユーザー登録をしていただきます。

ユーザー登録が済むと、利用者の方がチャットできるようになりますが、その利用者の方がチャットする相手というのが代表者です。

更にいえば代表者はパソコンで、利用者はスマホアプリで、1対1でチャットをするんですね。

利用者どうしがチャットをすることはありません。

以上の特徴から考えると、「安心対話室」を最も活用できそうなのはカウンセラーの方だと思います。

それもそのはず。「安心対話室」はカウンセリング業務をされているNPO法人 心の卵さんの製品です。

ユーザー登録が不要な簡単さと部外者は参加できない安心感があります

株式会社cocotamaさんのチャットアプリ「ここたまサポート相談室」と、NPO法人 心の卵さんのチャットアプリ「安心対話室」の共通点は、管理者が存在するということです。

どちらのアプリも、利用したい企業、団体、学校に関わらず、その代表者1名に利用申請していただきます。

手続きが完了すると、代表者の方にパソコンでアクセスする管理画面とチャット画面のURLとパスワードをお伝えします。

代表者の方は、管理画面で自分の所属する企業、団体、学校の利用者を管理し、チャット画面で利用者と1対1でチャットをしていただくことになります。

チャットを始めるにあたって、「安心対話室」は管理者自ら利用者のユーザー登録を行い、利用者にパスワードを伝えます。

一方「サポート相談室」の方はcocotamaさんがユーザー登録をしますので、管理者は匿名の利用者とチャットをすることになります。

これが企業内の産業医や健康管理担当者などと相談する際に、利用率が上がる最大のポイントです。

高齢者サークルの連絡網についてよくご相談を受けます

「楽々談話室」のように、ITが苦手な方用のアプリをご紹介する機会があるとたまに聞かれるのが、「必ず全員とやり取りできる連絡網として何を使えばいいか」というご質問です。

先日のメディアドライブさんの展示会でも聞かれました。

今回は高齢者の方の集まりで連絡係をされている方のようでした。

携帯電話もスマートフォンも持っているメンバーはいるが全員ではない。パソコンのメールも同様です。

では固定電話ならば必ず繋がるかといえば、いつも出られる状態の方たちばかりではないでしょうし、耳の遠い方もいらっしゃるかもしれません。

スマートフォンを持っていない人に無料で配るという案もあるでしょうが、コストの問題をクリアできたとしても、操作に対する拒否反応は簡単にはクリアできないと思います。

今はやりのIoTでいえば、簡単な文字表示とON/OFFボタンだけのインターネット接続可能な端末を作ってはどうか、という案も出ますね。「お花見に来ますか?」のメッセージに「はい」、「いいえ」ボタンで答えられるような。

Raspberry Piのようなシングルボードコンピュータも、どんどん安いものが出てきていますし、ハードだけならば数百円で収まるかもしれません。

「安心対話室」はなぜ個人情報に関して安全なのかをご説明します

一昨日、企業のメンタルヘルス対策に活用できる「ここたまサポート相談室」は、なぜ匿名で利用できるかをご説明しました。

心の卵さんの「安心対話室」の方は、個人のカウンセラーの方が、一般のお客さんとチャットすることを想定しているために、匿名というわけにはいきません。

カウンセラーの方が「安心対話室」にお申し込みいただくと、管理画面へのパスワードをお知らせします。

パソコンで管理画面にログインしていただき、カウンセラーの方自ら、お客さんのユーザー登録をしていただくことになります。

その際、カウンセラーの方だけが理解できればいいので、ニックネームなどでユーザー登録してください。

そうすることで、万が一管理画面を覗かれたとしても、ユーザー情報はニックネームだけですので個人を特定することはできません。

さらに、チャットデータは一週間後に自動的に削除されるので(削除までの日数は予定)、チャットの中で個人情報に関することを書いてしまっても、サーバーに残ることがないという点では、残り続けるチャットシステムよりも安全です。

以上が「安心対話室」が個人情報に関して安全といわれる理由です。

今までにないアプリの説明はそれを必要とするお客さんを探すことも込みだと思います

昨日お話ししたように、「メディアドライブ ソリューションフェア 2017 福岡」に行ってきました。

先週の西日本国際福祉機器展と同じ、cocotamaさんの「ここたまサポート相談室」、NPO法人 心の卵さんの「安心対話室」、弊社の「楽々談話室」を出展させていただきました。

今日は私が説明員として一日ブースに立って、いつものことですが伝えることの難しさを感じました。

来場されていたのは、主に若手から中堅までのビジネスマンの方が多いようです。

そのような方にとっては、いくら「新タイプのチャット」と銘打ってパネルで説明していても、LINEやチャットワークのようなアプリを十分使いこなしていらっしゃるようで、今さらそれ以外のチャットアプリの説明に足を止めるような方はあまりいらっしゃらない気がしました。

「ここたまサポート相談室」はなぜ匿名で利用できるかをご説明します

新着情報にも書いていますが、明日株式会社エヌジェーケー様主催の「メディアドライブ ソリューションフェア 2017 福岡」に行ってきます。

弊社は毎年出展させていただいておりまして、今年は弊社の「楽々談話室」と、弊社が開発させていただいた株式会社cocotamaさんの「ここたまサポート相談室」、同じくNPO法人 心の卵さんの「安心対話室」を展示させていただきます。

最後の2アプリは、昨日お話しましたように1対1のチャットに特化している点が特徴です。

元々cocotamaさんは企業にメンタルヘルス対策をご提案されている会社で、心の卵さんは個人向けのカウンセリングをされてきた会社です。

ですので2アプリとも、カウンセラーが複数の相談者に、いかにスムーズにチャットでやり取りできるかを考えて設計されています。

cocotamaさんの「サポート相談室」の方は、企業の健康管理担当者のような人が導入することを想定しています。

以前から企業では、メンタルヘルス対策として産業医のような方を社内に設置する例が多いのですが、社員の側に利用することへの抵抗感があるので、せっかく設置したのに利用率が上がらないという話はよく聞きます。

PR:カウンセリング・EAP専用チャット管理者となって利用者を見守るチャット