展示会では「ミュースケ」もご紹介させていただきます

昨年のメディアドライブ様の展示会には、「ミュースケ」をメインに参加させていただきました。

今日は、その「ミュースケ」を簡単にご紹介させていただこうと思います。

「ミュースケ」はWEBブラウザ上で動作する楽譜作成ソフトです。

弊社の「Score Magazine」もそうですが、一般的に楽譜作成ソフトとは、パソコンにインストールして使うものでした。

今ではスマートフォンが普及していますので、スマートフォン用の楽譜作成アプリも存在します。

楽譜作成ソフト(アプリ)を起動すると、五線が表示され、その五線に音符を入力して楽譜を作成して行きます。

作成した楽譜は、紙の楽譜とは違い、演奏したり印刷したりすることができます。

演奏するためには、楽器の音を発音させる必要がありますが、その仕組みは、Windows、iPhone、Androidとそれぞれ違うんですね。

楽譜作成ソフトなど、音楽関連ソフトの開発者は、それぞれの仕様ごとに対応させる必要があります。

それが結構大変な作業なんですね。

G Suite、GAE、バリュードメインの設定で少しハマッた話

Google App EngineやFirebaseでWEBアプリを作ることは他社さんの仕事でやっていたのですが、弊社でもやっていこうと思い、G Suiteを契約しました。

その過程で、ちょっとレアケースだと思いますが、2、3ハマッたことがありましたので、記録しておきます。

弊社では、いくつかの独自ドメインをバリュードメインで管理し、さくらインターネットの共用サーバーにWEBサイトを置いています。

G Suiteに登録して、弊社のWEBサイト(example1.com)を認識させてからGmailの設定をしようとしていたときに、内輪の理由から別のドメイン(example2.com)の方が都合がいいことに気付きました。

管理コンソールの「ドメインの追加と削除」でexample2.comを追加し、example2.comの方をプライマリドメインに変更しようとしたのですが、ヘルプに書いてあるような「プライマリに設定」という表示がありません。

確認してみると、これは試用期間中は表示されないそうです。

それではということで、こんどはGoogle App Engine(GAE)で適当なProjectを作って、それをサブドメインに表示させてみようと思いました。

メルマガ配信で考えたこと・・・専用アプリで出欠を取ることができればいいですね

前々回までの、「メルマガ配信で考えたこと」という記事の続きです。

ASKの会員様は、メールマガジンのリンクから、交流会などの出欠を取るWEB登録フォームに行くことになりますので、携帯電話ではなく、スマートフォンかパソコンを使っていただいています。

しかし、会員様の中には、インターネットの操作に慣れていない方もいて、ASK執行部の方に、直接電話で出欠を伝えているというお話をしました。

そのようなことであれば、メールマガジンではなく、内容を告知して出欠を取るだけの、とても操作が簡単なアプリがあればいいですね、とASKさんの中で話題に上がっていました。

「楽々談話室」の開発を始めたとき、このような操作ができることも目標の一つだったのです。

今のところ、最初のバージョンは、一通りチャットができるようにするだけで精一杯かなと思います。

やりたいことはたくさんありますので、ASKさんを始め、多くの方にこのバージョンを使っていただいて、今後どのような機能を追加するか、考えて行きたいと思います。

「楽々談話室」をメディアドライブ様主催の展示会に出展させていただきます

12月9日、福岡天神センタービル8Fにて、メディアドライブ様主催で開催される「メディアドライブソリューションフェア 2016 福岡」に出展させていただくことになりました。

昨年、弊社はWEB楽譜作成アプリ「ミュースケ」を展示させていただきました。

その折には、ご来場されていた音楽業界の方に貴重なご助言をいただいたり、音響関連のアプリを開発されている方とお仕事の話をさせていただいたりと、とても有意義な機会をいただきました。

今回は、スマートフォン用アプリ「グチってチャット」を展示させていただきます。

このアプリは現在弊社が開発しているもので、「驚くほど簡単」、「会員制のように安心」という二つの特徴を備えています。

先日の記事でも触れましたが、もうしばらくして機能が確定しましたら、詳しくお伝えして行きたいと思います。

メルマガ配信で考えたこと・・・スマホか携帯かということ以外に考えること

ASKさんにとって、メールマガジンを配信することの主な目的は、次回の交流会やビジネス研究会の内容が決まったときの告知です。

メールマガジンを見た会員様は、文中のハイパーリンクをたどってWEB登録フォームに行き、ASKさんに出欠を知らせます。

携帯電話で、ASKさんのホームページで稼動しているWEB登録フォームを動作させるのは難しいですが、会員様がスマートフォンかパソコンのどちらかでご覧になっている、ということであれば問題ありません。

前回お話したように、メールマガジンにファイルを添付するのも問題ありませんね。

一方で、登録結果を表示する出欠表を見ると、毎回、「執行部代行登録」という記録が付いている方が何人かいらっしゃいます。

西村代表にこの方たちのことを聞いたところ、インターネットを見るのに慣れていない方たちがいて、その方たちが電話でASK執行部の方に出欠の報告をされるということでした。

そういうことであれば、WEBサイトの登録フォームというのは、少なくとも出欠を取るベストの方法ではないようです。

メルマガ配信で考えたこと・・・携帯電話の方へのファイル添付

このところ、ASKさんからメールマガジンを配信するときに、ファイルを添付することが何度かありました。

会員様に、どうしても見ていただきたいExcelやPDFなどの資料があったんですね。

スマートフォンではなく携帯電話で受信する場合は、携帯会社側が添付ファイルを自動的に削除したり、利用者側が添付ファイルを受信しない設定にしていたりして、見られない確率も高いのではないかと思います。

メールに貼ったハイパーリンクからインターネットにアクセスしてもらって、ダウンロードしてもらうこともやってみたのですが、上手くいかない方もいらっしゃったようです。

ASKさんのメルマガを登録されている会員様は三百数十人いらっしゃいますが、その中でスマートフォンの割合は調査できていません。

ASK役員の方たちと話し合ったのですが、会員様は、基本的にはスマートフォンかパソコンで受けていらっしゃるだろうということで、ファイル添付は問題なしということにしました。

スマートフォンが普及していないときから、ネットショップなどでメルマガを配信するとき、携帯電話でパソコンからのメールを受信拒否にしているお客様には、どう対応するかという問題がありました。

スマートフォンアプリ「楽々談話室」を開発中

タイトル通りですが、弊社は現在スマートフォンアプリを開発中です。

実は昨日、ASKさんの「第122回アクティブシニア交流会」で発表していたのですが、アプリ名が今日決まったものですから、このブログではまだお知らせしていませんでした。

アプリ名は「楽々談話室」。驚くほど簡単に使えて、ダウンロードしてすぐに使い始めることができることから、この名称にしました。

マスターは来月中頃にはアップしたいと思っていますが、その前に、ある展示会でお披露目することになります。

cocotamaさんの「ここたまサポートひろば」のように大規模なシステムではなく、小さくてシンプルなシステムです。

比較的小さなコミュニティで使うことをコンセプトにしているためでもありますが、その意味では、セキュリティ的に安心な仕組みになっていると思います。

機能が確定して公表できる段階になりましたら、このブログでも内容をお伝えして行きたいと思います。

心理カウンセリング会社さんへお伺いして、座禅にまで話が及びました

先日、ASK西村代表のご紹介で、心理カウンセリング業務をされている会社にお伺いしました。

弊社が開発中のアプリについて、ご意見をお聞きするためと、株式会社cocotamaさんのサービス、「ここたまサポートひろば」のご紹介のためです。

お話を伺った取締役の方は、心理カウンセラーもされている方で、開発中のアプリや「ここたまサポートひろば」にはとても興味を持っていただき、特に弊社アプリの方向性を考えるにあたって、非常に参考になりました。

話の流れで、私にも精神的に辛い時期があったことをお伝えしたら、その症状について心理学的なお話をしてくださいました。

cocotamaさんもそうですが、心理カウンセラーさんとお話しするとき、私はついうれしくなります。

この日も、河合隼雄さんが好きで、本を何冊か読んでいる、というような余計な話をしてしまったのですが、ありがたいことに、今度は夢判断の話などを返してくださいます。

西村代表が、ASK会員さんが販売されている乳酸菌サプリで腸の調子がとてもいいという話をされると、私もすかさず、座禅をすると腸の調子がよくなるらしいと口を挟みます。

すると、またありがたいことに、腹式呼吸だからですね、チャクラも暖かくなるでしょう、と返してくださいます。

日頃からリスク管理・・・相談できる相手がいれば違っていたと思います

前回お話したように、私はパニック障害になってから、また発作が起きたらどうしようと思うと、怖くて電車などに乗ることができませんでした。

そうこうしているうちに、日常の行動が制限されて行き、ウツになってしまいました。私と同じようなパターンはよくあるようです。

私の場合、何とかまともに仕事ができるようになるまでに、優に5、6年はかかったと思います。

知人にも、ウツ関連で長いあいだ仕事に復帰できない人は数人います。

この人たちが、症状が重くなる前に、「ここたまサポートひろば」のようなサービスを受けていたら、結果は違ったかといえば、それは分かりません。

しかし私の場合、発症するまでにカウンセリングや病院にかかったことはなかったですし、通院していたときは大きな安心感がありました。

今でも、通院しているときに先生から聞いた、私と同じような患者さんのエピソードや、このような心がけをしたらいいですよ、というコツのようなものをよく思い出します。

それは今でも、私の心の支えになっています。

日頃からリスク管理・・・昔はメンタルの問題は表面化していませんでした

20年ほど前、私がパニック障害になった当時、今のようにメンタルに注意を払うような雰囲気はありませんでした。

独立してから、知人のデザイン事務所に席を借りていたのですが、そこに出入りしていた業者さんに私の症状を話したら、彼も働きすぎておかしくなったときのことを話してくれました。

自転車に乗っていたら、自分ではペダルを漕いでいるつもりなんだけど、どっちが上か下か分からなくなって、気がついたら転倒していたそうです。自律神経がやられていたんでしょうね。

私が会社員だった頃、定期的にまとまった期間休む同僚がいたのですが、あとから聞いた話では、その人もメンタルの病気だったそうです。気がやさしくて、とてもまじめな人でした。

当時は今のように、メンタルについての情報が豊富ではなかったので、無理を続けているとどうなるかという情報など、ほとんどの人は持っていなかったと思います。

自分の場合も、パニック障害になる前は、ずっと体がだるくて微熱が続いたり、寝ているときに体をかきむしっていたり、寝ているときに動悸がして脂汗をかくなど、いろいろと思い当たることがあったのですが、大丈夫大丈夫と言い聞かせて放っておきました。